ポリアモリーだろうが、サイコパスだろうが、パーソナリティ障害だろうが、二股三股はイカンだろ

双方が合意している場合の浮気っていうのは

法的にどうなるのだろ?

ということを発端にいろいろ調べてみた。

まったくいろんなケースが出てくるものである。

 

いろんな形で二股三股の浮気とか

複数の愛人とかがいる浮気者たちが今年も現れたが

この何年、いや何十年だかの間には

ポリアモリー

などというものも出現しているそうである。

 

全員がこの形に合意している条件に基づくらしいが

関係している全員がすべての状況を理解しているのだという。

まったくワカラン・・・・・・。

 

 

むか~し昔のヒッピー世代の

コミューンのようである。

どこぞの怪しい新興宗教団体の暮らしのようである。

 

今のところは

配偶者が納得しない、合意しない二股三股の交際を

調べる活動であるが

こんなのが罷り通ってきたら法律も何もあったものではない。

 

 

たくさんの浮気相手が存在するというのは

明らかに異常であって

障害である。

もはや依存症の部類に入るくらいの中毒である。

 

依頼してくる人の中には

「その相手一人ひとりを探し出して欲しい」

という人もいるが

そんなのを見つけ出そうと思っても

ゴキブリを一匹づつ見つけるのと同じである。

 

二人三人と出てきたところで諦める方が早い。

一般的にこういうケースはダンナ(夫)が多いが

早く見切りをつけて別れるべきかもしれん。

 

株など相場の世界でいう

見切り千両、損切り万両

である。

 

浮気というものは完治は難しいし

二股三股の繰返しとなったら

再生は不可能だろ。

そんなのに付き合って人生ムダにするくらいなら

早く別れて新しい人生に向き合った方がよっぽど良いと思う。

 

そんな形で別れた女性たちは後になって

「あのクソ野郎」

「人生を返して欲しい」

「青春を返せ」

などと言うのである。

 

離婚を勧めるわけではないが

相手によっては考えた方がいい。