情報調査で丸裸にする

携帯番号で住所や名前を調べて欲しい

という人からの依頼は多いが

金額が高いといって敬遠する人も多い。

携帯番号から相手を調べるなんてスゴイ

という人は多いが

そんなのはお子様レベルである。

 

情報調査のスゴイ点は

あらゆる情報を集めてくることができる点にある。

 

 

例えば

携帯番号から住所と名前が判ったとする。

そうしたら次に何ができるか?

 

どんな方法で調べるかはヒミツなので言えないが

 

 

  1. 何銀行の何支店に口座があるか
  2. それは普通預金か定期預金か
  3. 口座の残高はいくらか
  4. どこで預金をおろしているか
  5. それは支店かコンビニか
  6. 何月何日の何時にどこでおろしたか
  7. ローンの借り入れはあるか
  8. 借入先はどこか
  9. ローン残高はいくらか
  10. 家は持ち家か
  11. 持ち家ならいつ買ったか

 

などということも判る。

 

 

そしてさらに個人情報の真髄

  1. 本籍地はどこか
  2. 結婚や離婚の有無
  3. 子供の有無
  4. 家族の氏名
  5. 誕生日

といったものも判る。

 

 

続いて

  1. 小中高はどこを卒業したか
  2. 大学へ行っていればそれはどこか
  3. 卒業学部は

といったことも判る。

昔の結婚前の調査そのものである。

 

 

少し時間はかかるが

勤務先、パート先の会社名も取れる。

もっと進んで職場での評判も取れる。

 

 

あらゆる個人情報は集まる所に集まるのである。

 

 

法律があろうがなかろうが

世の中の仕組みはそうなっていて

情報はどこかに集まる。

 

 

ただし

特定の場所にすべてが集まる訳ではないので

あちこちから集めてくるのである。

 

でも

こういったものは努力すれば収集可能である。

個人情報の最大の秘密部分は

相手の性癖とか誰にも言えない事柄にある。

 

変態的趣味、異常な性癖、

その他はっきり言えば

セックスの回数と相手、どんな行為が好みか

などといった事はゼッタイに言わないし

表には出さないので

個人情報の真髄はこの辺にある。

犯歴もそうだな。

 

 

借金の額や大卒か高卒かなどということや

生年月日などというのは別に知られても

重大な結果を招くことは無い。

しかし

異常な性癖とか犯歴とかは

けっこう重大な結果となって返ってくるので

真髄なのである。

 

 

 

奥さんがダンナの浮気を確信して

うちに調査を依頼してくるパターンの中で

「なぜ浮気していると確信できるのか?」

ということを聞くが

そんな時に返ってくる答えの中で

「結婚して何十年だけど

セックスの時、今までやったことの無い体位だった」

というのがある。

 

これなんぞ、ある意味ダンナ自らが

秘密の暴露

をしたようなものである。