大手の部類に入る探偵会社が倒産していた

ついこの間の3月に

比較的大きく、よく宣伝していた探偵会社が倒産した。

売上は億単位であった。

広告宣伝もずいぶんしていたが

どうやらネット広告の費用を削減した結果らしい・・。

 

それほどネット広告の効果は大きいのである。

探偵業は

常に新規のお客さんを捜さねばならないので

広告は生命線である。

 

しかも今ではネット広告が大部分なので

それを削減したらすぐにダメージが出る。

 

億単位の売上で

いくらの広告費を計上していたかは知らないが

年間で数千万はいっていたのではなかろうか?

そこからどれくらいを削減したのであろうか?

 

 

この探偵会社は

いくつもの広告用社名を持っていて

芸能人も宣伝に使っていたのである。

各地に事務所を展開していたり

相談員をたくさん(宣伝写真では)使っていたりで

固定費やら人件費もかなりあったであろう。

 

大きく展開するとこういった固定費が経営を圧迫するし

常に新規客が必要な探偵業では宣伝費もかかる。

売上比率でみたら広告費は他業種より多いと思う。

 

それを消化するには

一回当たりの売上を上げるしかない。

つまりは

調査料金を高くすると同時に

調査員の人件費を抑える結果になっている。

経費の水増しだってけっこうある。

 

浮気調査などの料金が高いのは

難易度が高い、という側面もあるが

それ以上に売上を上げないと

経費を賄えない、という側面もある。

 

賢い会社は

個人よりも法人からの依頼に軸を置いているようだが

これも依頼主の経費削減で安定収入にはなるが

大きく貢献するほどでもないようだ。

 

年間売り上げが

数千万円からそれ以下の探偵業者の中には

悪事に染まるところもけっこうある。

 

一時流行った

別れさせ屋とか、詐欺被害金回収屋とか

それ以外もあるが、まぁそんなとこである。

 

 

 

うちも小さいが悪事まではしなくて済んでいる。

それはもしかしたら

特殊な人たちの浮気調査だからかなのか・・・・・・?