離婚・別居・・・・探偵調査のその後

浮気だ不倫だDVだということで

調査を依頼してきた人から

その後の連絡というか

経過報告のような連絡をもらうことは多い。

 

調停が順調に進んで離婚となったり

とりあえず別居

というか離婚前提の別居になったり

揉めて裁判になったり

親族間の話し合いで穏便に離婚となったり

と、いろいろな形で進展しているのである。

 

しかし

進展はしてもそれが

悪い方向に行ってしまう人もいれば

より良い方向へ進んであたかも

厄落とし

でもしたように「ツキ」が廻ってくる人もいる。

 

悪い方向といってもそれらはすべて

金銭的

にタイヘンになることだけである。

 

それでも

同居していた時よりも、

籍が入っていた時よりも

ストレスはなくなり

イライラすることもなくなり

希望が持てて

ある意味、幸せな生活に至っているのである。

 

ということは

相手というか相棒である配偶者が

疫病神

だったかのような印象も受ける。

 

 

実際、

調査したり、話しを聞いたり、行動を見たり

していて

破滅型

のような人もかなりいるし、

人格障害を疑えるような人もいるし

サイコパスに近づいているような人もいる。

 

そういう人たちの浮気調査などをしていると

浮気相手が1人で、

質素な逢引きをしていると

ヒジョーに健全な浮気にさえ思えてくる。

 

浮気や不倫に健全も質素もないが

オカシな人たちの浮気や不倫は

常軌を逸しているのである。

 

そして

そういう配偶者を持つ人から聞く話しは

もっと常軌を逸したものなので

自分も頭がオカシクなってしまいそうな時もあったりするのである。

 

e222232e20b054e18ceddb7e73fd0a9f_m