浮気現場に突撃、直接乗込みたい人いる?

浮気調査しても、不倫調査しても

まだまだ続く連中はたくさんおる。

しかも、証拠を突きつけられても

恬として恥じない(てんとしてはじない)。

調停になろうが裁判になろうが慰謝料取ろうが

まだまだ続き、どうにもならないのもたくさんいる。

 

浮気している連中には法律も対抗しようがない。

 

離婚で慰謝料取るといっても

満足のいく金額が出るはずも無い。

相手に金が無ければどうにもならん。

 

裁判して慰謝料請求が認められても

回収作業はこちらがしなければならん。

国がメンドウ見てくれる訳でもない。

裁判所が取立てしてくれる訳でもない。

 

法律なんぞメンドウな手続きばかりで

苦しむ連中にとっては余り役に立たない。

 

 

せいぜいできるのは

離婚や別居くらいである。

 

仕返しはできないのである。

 

 

 

その反面、法律や条例は

探偵の商売についてはいろいろ指導をしてくる。

尾行や張込みは付きまとい行為だ

車中でのイチャイチャを写真に撮るのは違法だ

等などの他に

携帯番号から所有者を割出すのは個人情報保護違反だ

隠し撮りは肖像権の侵害だ

等など

もはや権利を侵害された人ではなく

侵害した人の権利を守るだけのものである。

 

 

何を隠そう、うちのサイトも

表立って「携帯番号からの所有者調査」を出さなくなったのも

管轄している警察の定例監査で指摘されたからである。

「探偵はそういうことしないでね」

ということで

トップページからは外したが裏ではいろいろ書いてある。

 

探偵業協会もそういう指導をしている。

 

 

尾行張込みなどの作業は探偵業法で認められたものだから

問題ないが(それでも問題にはなっている)、

個人情報収集は怪しい部分もある。

 

だったらそういうことは探偵として受けなければ良い

ということで探偵業ではなく、

特殊便利屋部門で引き受けているのである。

 

 

かようにメンドウなことが多い探偵業であるが

法律やら自主規制でできなくなることが今後増えるのであれば

さらに

慰謝料も取れず、浮気もずっと続く連中であれば

もはや浮気現場で

依頼人と浮気者達との直接対決

をした方がいいと思うのである。

 

 

もしあなたが浮気現場で

浮気者達との直接対決を望むなら

いつでも呼んであげよう

 

修羅場にならないよう指導もしよう