浮気調査、探偵の尾行に同行したい!

探偵の尾行に同行したい

という人はたまにいる。

同行しても邪魔をしなければ

別に問題ないので許可をしているのである。

 

 

別に隠すようなものでもないし

秘密にすることでもない。

さらに言えば、依頼人という注文主の要望なので

特に厳しい状況でなければ同行を許可している。

 

たぶん

尾行の同行を許可する探偵なんぞ

どこにもいないだろう

 

 

世間一般というか、探偵業界一般では

たぶん断ることだろうが

断る理由がなければ許可すればいいだけのことである。

 

 

もし断るようであれば

調査員の水増しをしているか

テキトーな調査をしているか

アルバイトのシロウト調査員か

等など、見られたくない理由があるのであろう。

 

調査手法を見られたって

たいしたものでもないし、やることは皆似たようなものである。

 

前回書いたような

尾行がバレて

相手に追い回されるヘタクソな探偵だっているのである。

どんなにシロウトだってこんなことにはならんだろ。

 

尾行がバレた探偵の話しはここ

 

但し、同行するのであれば

「尾行や張込み中に大騒ぎしたり

頭に血が上って乱闘騒ぎを起したり

大声で怒鳴ったり

などというバカなことはしません」

といった事を一筆書いて

現場の指示に従えばOKである。

 

 

今までも数人の同行希望者(奥さん)がいたが

皆、淡々と落ち着いて

ダンナの浮気現場を見ていたし

ダンナが女とイチャついているのを

じっくり見ていたのである。

 

相手の女の家まで一緒に尾行して

棲家を突き止めたこともある。

 

あんな場所、こんな場所にも出没してきた。

 

 

実際に同行をした人たちは

「ビデオ画像よりインパクトがある」

という声もあったし

「クソ野郎との離婚の決心がついた」

などという声も聞かれたのである。

 

衝撃が強すぎるので問題もあろうが

決心するための

浮気現場観覧会

なのである。

 

 

 

そして最近ではさらに過激な

浮気現場突撃会

も企画している。

 

 

これはヘタをすると大騒ぎになったり

血を見たりする可能性もあるので

厳重な管理の元に行う必要性があるが

 

慰謝料も取れない

浮気も止めない

家庭を壊している

 

そんな相手を浮気相手と一緒の現場で

顔を合わせるという無謀な計画である。

冷静になれるなら対決してもよし

それがムリなら顔を見せるだけでもよし

とにかく現場で鉢合わせするのである。

 

 

探偵としてはまったく狂った企画だが

それで依頼人が

溜飲を下げることができるならヨシである。

 

 

別れさせ屋だ、なんとか工作だ

なぞと怪しいことをやるよりよかろう。