便利屋の尾行張込み、探偵の尾行張込み

過日、尾行が相手にバレて

追いかけ回された某探偵社の探偵の話しを書いたが

便利屋と探偵の尾行の違いは何だろう?

 

便利屋でも調査を重点的に請け負っているところもある。

そんなところは探偵業の許可を取っている場合が多い。

 

さらには

複数の調査員を擁して組織的に

有機的に行動しているところも多い。

 

この辺は探偵専業のところと対して変わらない。

 

実力はどうかといったらまったくワカラン。

探偵専業のところだって失敗する時は失敗する。

大手探偵社でさえ失敗したりバレたりするのである。

 

まぁ、依頼する側としては成功すればOKなのである。

 

 

 

ところで

探偵事務所の調査員についてだが

男の調査員の場合、

皆、似たような格好をしているように感じるのである。

 

 

服装というより持ち物、

ショルダーバックを斜め掛けにして

バックをやや前気味にしていることが多い。

 

ショルダーバックは荷物がたくさん入るし

出し入れもし易いからだろう。

 

それから

お互い無線でやり取りするためか

耳にイヤホンを付けていることが多い。

スマホのイヤホンにも思えるが

みーんな付けているような感じである。

 

そしてカメラを持っているのであろうか

手の動きがなんかオカシイ。

肘を前方へ曲げて中途半端な格好

(たぶん隠しカメラで撮っているんだろう)

 

カバンを何故か胸に抱きかかえていたり

(バックにカメラでも入ってるんだろう)

 

じっくり見ていると不審な動きをする。

 

また

ラフな服装(ジーンズ等)とサラリーマン風の服装の

2人組が多いように思える。

過日見た、失敗2人組もそうだったし

別の場所で遭遇した連中もそんなのであった。

 

 

私は都心などで友だちと待ち合わせしている時

待合せ場所の駅や街角で

マンウォッチングをすることが多いが

時々、周囲の景色にそぐわない

違和感のある連中を見つけるのである。

 

「コイツラ探偵かな?」

 

と思える2人組を見かけたりするが

探偵専業なのか便利屋なのかはワカラン。

 

一点集中の目付きも怪しいが、

誰かと目で合図しているのである。

その視線の先をずーっと追いかけてみると

相棒を発見したりする。

そんなのを観察している自分はまったくアホである・・・・。

 

 

そんなアホの自分が見ても

多くの場合、服装とか、持ち物

それらの持ち方で

なんとなく変だ」

ということはある。

 

 

なんでそんな事が判るのか?

 

調査員がヘタ、ということもあろうが

 

その場所を一つの絵などの構図として捉えていると

違和感のある動きをするもの

流れに逆らっているもの

違和感のある服装

などがポツポツと浮き出てくる。

ゲシュタルト心理学の応用である。

 

ゲシュタルト心理学はここを見てね

 

 

話しが大きく脱線したが

町中や雑踏の中を歩いてみると

こんな荷物を持った連中を

あなたも見かけるかもしれない。

最近の探偵の流行なのであろうか?