手術の立会いはタイヘンである

 

いろいろな依頼が来る中で、何度も紹介しているように

うちには

「草刈り」

とか

「不用品の処分」

という依頼は年に数件というより年に1~2件程度しかこない。

その代わり

「電話やスカイプで話し相手」

というものは月間で数十時間きている。

そういう中でこの一年の間に増えつつあるのが

「手術の立会い」

なのである。

家族がいない、親戚が近くにいない、友達も来てくれない

という人が着実に増えているようである。

中には予約というか、

「その時は頼む」

という人もいるし、さらには

「その時のために前払いしておきたい」

という人もいるのである。

前払いされても困るので、それは断っているが

手術時の立会いとはかようにタイヘンなものである。

私が家族の手術で経験したが時は

PHSを渡されて

「病院の敷地から出ないように」

とか

「待合室にいるように」

などといろいろ指示されたのは覚えている。

今のところ依頼人は毎度の如く女性ばかり

しかも手術の内容は決まって

乳がん

なのであった。

病室から準備室へ行く時から戻るまでの5時間余りを

ひたすら待つのであった。

緊急事態になった人はいないが待つ時はドキドキするのである。

その理由は

本人から

「万が一の時は」

ということで、

緊急連絡先やら何やらいろいろ書いた書類を渡されるので

「この書類の内容を実行することが

ありませんように」

と祈るばかりなのである。

で、依頼人の年齢はというと

40~60代なのである。

核家族、孤立化、家系断絶の縮図である。