金を奪われた人たち

詐欺に遭って金を騙し取られた

という女性からの依頼で

いろいろ聞いたところその金額が

5,000万円

と言われて驚いたことがあった。

 

そんな額になる前に「怪しい」と思えよ。

いったいなんでそんなことになるの?

 

 

そして

奥さんに金を持ち逃げされて依頼してきた男性もいた。

普通預金だけではなく

定期預金などすべての通帳と印鑑を持ち逃げされたらしい。

その金額を聞いてビックリである。

8,000万円

 

そんな現金資産を持っているのもいるのか

などと感心してしまった。

 

 

 

 

そして

やはり奥さんに金を持ち去られ

給料の振込み口座のカードも持ち去られ

クレジットカードも召上げとなり

途方に暮れている男性からも依頼があった。

こちらは数百万円であった。

まだ手元に数十万円程度はあるらしいが

収入の根元部分を押さえられて困っている。

 

しかも奥さんは働いており彼女なりの収入は確保できている。

 

なんと哀れなことであろう。

 

 

 

どの話も最初聞いた時は

「嘘いってんじゃないよ」

「どうせどこかの探りの相談だろ」

程度にしか思わなかったが

依頼してくるとなるとどうやら真実らしいのである。

 

詐欺で大金を失う人というのを実際に見て聞いて

そんな人が現実にいると知って驚くばかりである。

 

さらに

奥さんに金を持ち逃げされ

しかもどこに住んでいるか不明などという話を聞いて

驚くと同時に哀れさを感じるばかりである。