やった奴はワルである

浮気の調査を依頼され

判明したことを随時説明していると

依頼人から

「どうして浮気するんだろう?」

「どうしてそんな女性と付き合うんだろう?」

などなど

「どうしてどうして」の質問攻めに遭う事がある。

 

どうしてなんだろう?

 

などと考えても詮無いことである。

そんな理由なんぞ相手だって判らんだろ。

たぶん答えることができたとしても

浮気したいからする

それだけのことである。

それ位しか理由になる言葉が浮かばんだろ。

 

 

主の保存のため

女子の貧困調査のため

いろんな女性と知り合いになるため

女性がオレを呼んでいるから

交際の輪を広げたいから

女はオレのために存在する

などとマジメくさって答えるアホな男はおらん。

 

本人だって実際のところは判らず

只々、本能に従って行動しているだけだと思う。

 

 

そんな相手に理路整然とした理由や解説を求めても

求める方がアホになるだけである。

 

 

ED改善薬(バイアグラ・シアリス・レビトラ)

を持っているのが発覚して

「どうしてそんなのを持っているんだろう?」

と真剣に考えたって答えは一つだけであろう。

 

「あなた」か「他の人」に使うためである。

それ以外にある訳ない。

 

もし家内安全や商売繁盛などの

「お守りとか厄除けとして持っているんだよ」

という人がいたら、是非にも会ってみたいものである。

 

 

 

 

昔々読んだ本に

ある事件を担当した刑事の言葉で

「生い立ちや環境がなんであろうと、やった奴はワルだ」

というのがあって

ナルホドと感心し腑に落ちたことがある。

 

浮気もそうである。

夫婦間の問題や環境がなんであろうと

やった奴はワルである。

 

相手の生活環境や生い立ちを斟酌する必要はないのである。

 

 

自分が悪いのか

とか

嫌われてもしょうがない

などと思ったりするのは間違いである。

それをもって裁定するのは裁判所だけでいいのである。

 

 

車に轢かれて

自分の方が悪かったと思うことはなかろう。

誰かに突然殴られて

自分の方が悪かったと思うことはなかろう。

詐欺に遭って

自分の方が悪かったと思うことはなかろう。

 

それと同じである。

 

しかし

事、浮気に関しては

自分が悪いのでは

とか

なんでだろう

などと考えてグルグル回っている人は多いのである。