不倫相手の浮気調査

不倫と浮気ってのは何が違うんだ?

と思うだろうが

法律的には

婚姻関係での「不貞」という線引きくらいしかない。

じゃ同じかというとそうでもない。

双方が置かれている状況によって違う。

 

お互いに配偶者がいないで交際するのが

浮気

どちらかに配偶者がいて交際するのが

不倫

という使い分けがされている。

 

もともと浮気という言葉は

「他に気が移っている」状態だから

結婚していようが

結婚していまいが

恋人であろうが

他所に気がいけば使える便利な言葉である。

 

 

 

不倫がいいか悪いかは別にして

今回は

不倫している相手が他の相手と浮気する

時の話し。

正確には不倫相手が他の誰かと不倫する

というよくあるややこしい話し。

 

 

うちの調査経験では

だいたいが男が女に手を出す方が多い。

 

その逆はめったに無い。

 

そこで

不倫相手の女性が

相手の男性が他の誰かと

交際している”ような”気配を感じて調査を依頼する

ということがとくあるのである。

 

こうい時

お互いが不倫関係を納得して交際したり

将来、結婚することなぞは考えていない

のが普通であろうが

それでも

「自分だけのもの」にしたいのか

他に手を出すのを嫌うのである。

 

漫画家の西原理恵子風に

「洗えば使える」

というのは結婚していようがいまいが

使えない考えのようだ。

 

 

今のところうちの場合

結婚している人と不倫の人とでは

調査依頼が半々くらいの状況である。

 

こんなことでいいのか

などと思ったりするが

困っているのであれば助けるだけである。

 

依頼人たちの年齢は

30代から上は70代まで様々である。

 

 

年齢が高くなれば不倫関係でも

自分の将来の生活がかかってくるので

他の女性に手を出して相手がそっちに乗り換える

心配が出てくるようである。

 

多くの50代以上の女性の場合

既に離婚していたり死別していたりするので

生活を支援していたりすると

相手とは別れられない状況になっている。

 

たとえ相手の女性が財産を持っていても

精神的な支えとして存在するようで

これも別れられないようである。

 

どっちにしても不倫関係は

切っても切れないものらしい。

 

 

 

こんな事になったら本妻はどうする?

不貞行為で法的に対処してオシマイ

という割り切った気持ちになれるのだろうか?

 

 

あっちこっちに手を出すダンナもマズイが

不倫関係で切れない関係になるダンナは

もっとマズイだろ。

 

と思いながらも

不倫者の浮気調査をする探偵である。