宣伝費を掛けない探偵事務所

うちのような零細の末端にあるような探偵事務所でも

依頼は全国、全世界(オーバーかもしれんが)から来る。

などと言うと、多くの人は

「どれだけ広告宣伝費をかけているんだ」

と聞いてくる、当然かもしれんが・・・。

 

大手の事務所なら年間数億円単位だし

中小クラスでも数百万円、数千万円などというのはザラである。

うちと同規模クラスでも年間百万円単位らしい。

年間で数十万円では「話しにならない」くらい低く

商売する気が無いのかと

経営陣の頭が疑われる額らしい。

 

 

では当事務所の宣伝費はいくらか?というと

まったく掛けておらん、ゼロである。

 

 

金を掛けて宣伝することなんぞできんし

そんなことする気もない。

頭を使って知恵を搾り出すしかない、というより

その方が楽しいのである。

 

 

 

広告媒体といってもせいぜいこのサイトと

無料の広告サイトにちょこっと出している程度。

このサイトの維持費はせいぜい年間数万円である。

 

 

その程度の支出で

日本全国から依頼が来るのはネットのおかげである。

その程度の支出で

東南アジア、アメリカやオーストラリア界隈の

日本人から依頼が来るのはネットのおかげである。

 

 

探偵というと浮気や不倫関連が圧倒的の印象がある。

うちも同様であるが

詐欺、窃盗、脅迫といった刑事事件絡みのものや

行方不明者を探すなどというものもやってくる。

 

浮気や不倫は民事であるが

それに絡んでの「慰謝料不払い」「養育費不払い」などという

経済事案っぽいのもやってくる。

 

配偶者の浮気、不倫相手の浮気調査なぞも同様である。

 

玉石混合といった状態か。

 

 

さて、いつブログを書いているか?

と聞かれるのだが

だいたいは昼夜問わず20~30分くらい時間がある時である。

つまりは30分程度で仕上げてアップしている。

 

 

どうして短い文章なのか?

とも聞かれるが

長~い文章は書けない、ではなくて

たぶん皆の

読む気がなくなるであろうからである。

1分程度で読み終わる長さがちょうどいいのと違うか?

 

 

ネタ探しに困らないか?

とも聞かれるが

特に探していないから大丈夫なのである。

それよりも「どれを書くか選ぶ」ことで困ることが多い。

 

で、頭が纏まらずに書いていることも多いので

こんな取り留めのないものが出来上がってしまうのである。