離婚して慰謝料、別居して生活費を払わないオッサン

探偵でも弁護士でも相談に行けば

「離婚して慰謝料を取る」

「別居して婚姻費用、生活費を取る」

と説明してくれる。

「取る権利がある」「取れます」

は判っているが実際はそうでもないような・・・・。

 

法的な権利から言えば取れるのである。

裁判の結果、国から取る権利のお墨付きを貰えば取れる。

調停の結果、相手が同意すれば取れる。

しかし世の中そんなに甘くない。

 

取る権利だけであって

取ってくるのは自分でやるのである。

 

しかも

相手が払わない

相手が支払いを途中でやめる

などというのはよくある。

 

「金が無くて払えない」

という人も中にはいるが

「払う気が無くなった」

「そんなもの払うより遊ぶ金に回す」

「浮気相手と本気になって遊ぶから金が無い」

という「したたかな」オッサンもいる。

 

 

もはや「法律の外」で生きているようなものである。

 

そんなオッサン連中の行動を

監視していくのも探偵の仕事としてやってくる。

 

中には

給料の差押さえから逃げるために転職するのもいる。

預貯金をタンマリ持っていながら払わないのもいる。

高級車を持っていながら、

あちこち飲み歩きながら、

月数万円の金を送らないのもいる。

 

 

探偵は債権回収はできないが

その下準備、その手伝いはできる。

最近もそんなオッサンの日々の行動を監視している。

毎週競馬場へ行って

1回のレースに数十万円を突っ込んでいるオッサンである。

それでも払わないのである。