「どうしてそんな事をするんだろう」と思い悩む人

調査をしていて

相談を受けていて

いろんな場面で依頼人が

調査対象である夫や不倫相手の行動や言動について

「どうしてそんなことをするんだろう?」

「どうしてそんなことを言うんだろう?」

と思い悩んで聞かれることがある。

 

どうしてそんなことをするんだろう?

といくら考えても答えは出てこない。

それもそのはずで

考え方、行動規範など様々なものが

自分とは違っているのである。

 

何か判断する時に

自分を基本、基準にして考えるから間違いが起きるのである。

 

自分と相手の考えの基準が違っていたら理解できる訳ない。

 

浮気を繰返したり、何人もの愛人を持っていたり

不特定多数の異性と関係を持つ人の考えの基準は

世間一般というか、あなた自身の思考の基準とは違うのである。

 

ましてや、他で貰った病気を奥さんに伝染すなど理解できん。

 

常識で物事を考えたら

常識から大きく外れた人の考えは理解できるはずがない。

 

いくら「どうしてだろう」などと考えても

理解不能なのである。

 

 

交際相手やらの行動調査の依頼を受けることがよくあるが

「忙しくて会えない」

という相手をよーく監視してみたら

家でのんびりテレビを見ていたとか

ボケーっとしてソファーに座っていたとか

家で洗濯物を干したり

散歩していたりといったケースがある。

 

依頼人からすれば、それは「ヒマ」な状態と見えるが

本人からすれば

「自分の計画をキッチリ消化する」

「予定通りに行動する」

といった決められたことを実行するために忙しいのである。

 

その感覚は理解できない部分もある。

 

 

二股三股の浮気や不倫をする人

何回も浮気や不倫を繰返す人

手を切らせたはずの不倫相手と交際を続ける人

はたから見れば

オカシイだろ

と思うようなことも彼等にしてみればフツーのことで

何が問題か理解できないのである。

 

価値観や倫理感が根本的に違っているのである。

 

いくらあなたが努力しても

修正するのは難しいと思う。

努力するばするほど、あなたが疲弊するのである。

考え方のギャップを埋めるのは

並大抵の努力ではない。

子供を教育する方がはるかにカンタンである。

 

 

努力しているうちに

だんだんと自分の方がオカシクなってしまうのである。

 

 

自分の方が精神科や心理内科に通うハメになったり

探偵に

「私、頭がオカシイでしょうか?」

と聞くようになってしまうのである。

 

探偵はそう聞く依頼人に

「そういう人なんだから」

「そういう考えだから、理解しなくてヨロシイ」

「文化が違う外国人とでも思って」

などというくらいである。

 

理解しようとか

「どうして」という部分を探ろうとか

思っても得るものは無いと思うのである。

 

まったく異文化交流会のような探偵事務所である。