こんなのカンベンしてくれ

いろいろな調査で

エグい話し、エロい話し、オカシな連中を相手にしているが

今回は調査の対象ではなく

調査を依頼してくる人の依頼内容というかリクエストについて。

 

相手の行動を確認し尾行をしていく

そんな依頼がほとんどである。

要は

「どこに行って、誰と会うか」

が最重要課題なのである。

 

 

しかし時々

「何を買ってましたか?」

「どんな袋に入れてましたか?」

「持っている袋には何が入ってましたか?」

「何分の電車に乗って、どの席に座りましたか?」

「何を注文してどれくらい食べてましたか?」

「飲んでいたのはワインですかビールですか?」

「何人掛けの席のどこに座ってますか?」

「お箸は左右どちらで持っていますか?」

などというトンデモナイ質問が出てくるのである。

それも

調査現場からの報告時や調査が終わってからである。

 

なかなか変わった、というより変な質問である。

 

 

 

真昼間のコンビニ駐車場に1台だけ止まる車。

「その座席にはどんな物があるか見てくれ」

なんていうのもあった。

周囲の目があるから「さっ」とならできる。

しかし

「よく見て欲しい」

などと言われて覗けばまるっきり車上狙いである。

 

 

 

さらに、相手の服装について連絡したら

「セーターですか?カーディガンですか?」

「色は濃いグレーですか?薄いグレーですか?」

「胸のところに刺繍がありますか?どんな刺繍ですか?」

「ズボンには折り目が付いてますか?」

などと身体検査じゃないんだから

と返してしまう質問が出てきたりする。

 

 

こっちは相手の行動を

離れた場所から監視してるんだから

なんでそんな細かい事を聞いてくるのであろう?

近寄らなければ確認しようがないことを要求してくる人がいる。

 

探偵の視力は1.5である。どう考えても視力500以上の要求だろ。

 

 

いくら「仏の探偵」、「あなたの味方」でも

ブチキレるような質問や要求である。

 

 

これでは行動調査ではなく明らかに

ストーカー行為

のお手伝いである。

 

 

さらには答えようが無い質問

「相手の女性は美人ですか?」

「その人は痩せてますか?」

こんなの個人の主観が入るからワカランものである。

 

 

「相手は俳優の○○に似ていますか?」

そんなこと言われても

不肖の探偵は芸能について詳しくないのでワカランわ。

 

 

そんなことは

ビデオで撮ってるから後で確認してもらいたいものである。

それまで待ってもらいたいものである。

 

 

依頼の時間についても同様である。

「何時になるか判らないけど頼みたい。

       もしかしたら無いかもしれない」

「その時はすぐに現場へ行ってもらいたい」

それは待機して待て、ということかと思ったら

「開始時から料金を払うから」

と言われては

「何時になるか判らん依頼を待つために1日を潰すことなる」

のである。

こんなのは困ったものである。

 

 

以前

「朝昼夕方に1時間づつ監視してもらいたい」

という依頼をしてきた人がいた。

それもうちの事務所から遠く離れた場所である。

そして料金は

1時間の3回分である。

丸1日潰してその料金では困りものである。

 

 

同様に

うちから遥か遠くの場所で

「出てくるまで待っていてください」

待機するのかと思ったら

「出てきたら尾行開始で料金を払います」

という間の抜けた依頼もあった。

 

 

 

「今日はもう止めた方がいいでしょ」

のこちらの進言を却下し調査の延長を繰り返し

請求金額に驚いて放った言葉が

「もっと強く止めるように言って貰いたかった」

という依頼人もいた。

 

 

だからうちの料金は

全額先払い

延長も時間を決めて随時先払い

というまことに不便な方式である。

丸っきり

回数券方式である。

 

 

時々

「他は後払いだよ」

という人もいるが、それなら

「他に頼んで」

と言って断っているのである。

まことに殿様商法の探偵である。

 

 

そんな依頼やら要求やらを乗り越えた結果

決めたのが今の料金体系である。

そりゃ~いくらかは譲歩するが

大原則の料金設定として厳然としてある。

 

 

料金にしても調査内容についても

余りにも自分勝手な依頼人が増えてくると

「本当に困っている人」

を助けることができなくなってしまうのである。

 

 

今回は

調査で出てくるエグい話しではなく

依頼してくる人のエグい話しであった。