金が無ければ調査できないのか

いろいろな調査(といっても浮気が多いが)がくる。

さらには、いろいろな条件も加わってくる。

その最たるものは

予算が少ない

というものである。

 

弁護士に手続きを頼むにしても

着手金などの名目でいろいろと金はかかる。

探偵に頼むのだってナンヤカヤと金はかかるのである。

 

そんな時は双方の妥協点を探して受けることになるが

まったくナイ

という状態でもなんとか知恵を絞って

自分でできる方法を提案している。

 

そんなことをやるのはアホなのかもしれんが

探偵の社会的意義というのを考えるべきだと思うのである。

集金できないから、金が無いから門前払いでよいのか

甚だ疑問に思うのである。

 

そりゃ~不肖の探偵だって金は欲しいが

困っている人間を見捨てるのも如何なものか

などと考えるのである。

 

起きて半畳、寝て一畳、天下とっても二合半

と考えれば

守銭奴の如く金に執着してもねぇ~。

シャイロック探偵事務所になってもねぇ~。

 

金儲けの手段として探偵の仕事をするのは

社会的意義から考えると外れているように思う。

 

ほどほどに儲けたい気はあるけれど・・・・・。