長い不倫関係で相手の女に洗脳されるオッサンもいる

うちの場合、浮気調査は配偶者からでも

浮気・不倫相手からでも受けている。

浮気・不倫相手からの浮気調査というのは

結局のところ

「自分以外に浮気相手がいる」ということで

本来の配偶者ではない人からの調査依頼である。

 

正当な立場でものないのに

「何を言ってるんだ?!」

ということで

普通の探偵事務所では門前払いになることが多いが

うちでは

「浮気されて悔しいのは誰であろうと同じ」

という考えの下に受けているのである。

 

さて、こうやって

浮気相手や不倫相手からの調査を受けていると

彼女等に接近してきたオッサンは

 

何と言って口説いているのか

どんなことをしてあげているのか

自分の家族や妻のことを何と言っているのか

将来どうするつもりなのか

交際が始まってきっかけ

普段はどうやって連絡取っているか

不倫相手は自分の家族にどんな言い訳してるか

 

ということを知ることができる。

 

さらには

そんな不倫関係が長~く続くと

どんな会話や生活習慣になるのかも判る。

 

池波正太郎の小説ではないが

悪を知らずして悪を取り締まれるか

である。

 

さらには

不倫・浮気の相手からの調査を受け

彼女等の話をよーく聞いていると

どんな気持ちで会っているのか

どんな考えのパターンを持っているのかも

なんとなく判ってくる。

人それぞれの考えではあるが

正当な配偶者に対してどう考えているのか

というものも薄っすらであるが見えてくる。

 

 

しかし不倫関係も長く続いてくると

もはや擬似夫婦のようなものになってしまう

そんな人たちもいるのである。

 

そうなってくると

不倫相手の思考に洗脳されてしまう夫も多い。

不倫は法的には悪い関係なのであるが

相手に引きづられてもっと悪い方へ突き進む

そんなダンナ連中もいろいろ見てきた。

家族を捨て、会社を捨て、雲隠れするような

そんな人も見てきたし

アブナイ商売に関わるようになってしまった

中年以降のサラリーマンだっていた。

 

知らない間に傷害事件起していたり

私文書偽造して離婚していたり

刑法犯になってしまう人だっているのである。

 

不倫関係というと

体の関係ばかり目が行くが

悪事の世界に引き釣り込む

 

悪い女

もいたりするから危険がいっぱいである。

 

まぁ、不倫に限らず

浮気だって相手次第で何が起きるかワカランものである。

 

どちらにせよ

初期消火、ボヤのうちに火を消すのが

イチバンである。