浮気不倫オヤジをGPSで監視

あちこち密かに動いて

浮気相手、不倫相手と会っている輩がいる。

しかも常に車で移動し、

交通ルールから外れた走りをしている連中がいる。

そんな相手の行動監視を依頼されることも多い。

 

こんな連中をマトモに車やバイクで追っていては

人数や車両数が増え、予算内で終わるはずもない。

何度もいうように、そんな連中相手では

違反点数が増え、事故の可能性も増え

バレる可能性も高まるのでうちではGPSで監視している。

 

相手が不審な場所に行けば出動したり

行動開始すれば出動して離れて尾行したりする。

なかなか便利なものである。

 

しかし、こんな連中に限って

帰宅後とか深夜早朝に

突如動き出す。

そのたびに

出動というのもタイヘンである。

そのたびに

位置情報を見るというのもご苦労なことである。

 

しかし

探偵はそういったメンドーなことを依頼人に成り代わって

代行しているのだから当然かもしれん。

 

 

それにしても、会社員で深夜帰宅後に

突如、自家用車で移動を開始するなど

フツーにはないことである。

 

ある種類の人間にはそれがフツーなのであろうが。

 

 

今日現在も監視対象下にある不倫別居オヤジがいる。

これは移動先を記録してデータを集めている最中。

 

 

 

ビッチリ張り付きで監視していたら莫大な金額になるが

機械が見ていて知らせてくれるので低コストである。

 

「車でガチで尾行できなけりゃ探偵じゃない」

などと言われても

10年20年前とは交通事情がまったく違う。

車の尾行も昔よりすんごく難しいのである。

 

 

安全、安価でバレ難い方法を使うのもしょうがない。

そりゃ

「追うしかない」

という状況もあるが

安全な方策があればそちらを使うのがベストである。