便所に追い詰めて殺し、クソの溜まった便器にぶち込んでやる

たしかチェチェン独立派のテロが起きた時に

ロシアのプーチン大統領が言った言葉である。

本来は文頭に「テロリストたちを」

が入る。

 

不肖の探偵に依頼してくる人(多くは女性)

も似たような言葉を吐く。

(本当はもっと激しい言葉が多いが)

 

慰謝料が、婚姻費用がというよりも

「あいつ、ブッ殺してやる」

「ただじゃおかない」

というのは多い。

 

「どうしたらいいんだろう?」

と嘆く人もいるが

しばらくすると上記のようになることが多い。

 

 

しかし

本当に「ブチ殺す」こともなく

以前書いたように

社会的に抹殺に近い状況に追い込もうと

いろいろ画策するのであるが・・・・。

 

 

その怒りの気持ちは

夫婦関係であろうと

不倫関係であろうと

恋人関係であろうと

皆、似たようなものである。

 

どれも

女性の怒りに火を点け、さらに油も注ぎ

ついに臨界点に到達した結果である。

つまりは

男の方の「身から出た錆」である。

 

 

浮気する(繰返す)

不倫相手に将来を約束する

というのは致命傷になりやすい。

 

もしするなら

「クソの溜まった便器にブチ込まれる」

のを覚悟していた方がよいだろう。