浮気相手を「好き」なのか、それとも単に「気に入ってる」のか

浮気する時、相手の異性(多くの場合女性)をどう思っているのか?

ということを考えることがある。

「好きだからに決まってるだろ」

と言う人も多かろうが、そうとも言い切れないように思う。

 

ただし、ここで話すのは「フツー」の人の場合。

そして、不肖の探偵というオッサンの戯言である。

 

 

思うに

相手が好きで浮気しているのなら

気持ちは奥さんからどんどん離れていくのではなかろうか?

 

 

事実、今まで対象としてきたダンナの中には

奥さんから気持ちが離れ、

浮気相手と一緒にいる時間が多く、

だんだんと家に寄りつかなくなる

といった人が多かった。

 

平日は仕事、週末は必ず浮気相手と一緒

というのもいれば

奥さんとはほとんど会話せず、

そんな関係が数十年続いているけれど

浮気相手と会っている時は饒舌になり

ニコニコ楽しい雰囲気いっぱい、というケースも多い。

 

 

それだけ好きなら何故、奥さんと別れないのか??

義理で別れず、

都合で別れず、

世間体で別れないのかもしれない。

 

 

 

それとは別に

「気に入ってる」相手だから浮気している

というのもある、と考える。

ニュアンスとしては

 

マイブーム、ペット、熱狂、ハマる

といった感じである。

 

まさしく

一時的に(一定期間)熱中している状態

といえるかもしれない。

ここから「好き」に移行するのかもしれないが・・・。

 

気に入っているから付き合うという浮気相手の中には

自分(ダンナ自身)を褒め称えてくれる

自分の言う事をよくきく忠実な相手

そんな女性が多かったりする。

自己愛性の強い男性だと

自分の価値を高め満足させることができる相手ほど

「価値のある人」となりお気に入りとなる。

単に「体の関係」だけで「お気に入り評価」を得るケースもあろう。

 

自分の欲求や要求を満足させてくれる相手ほど

お気に入り度合いは高くなるのだと思う。

そういう相手を探し求め続けるダンナだっているであろう。

 

 

うまく言えないが

愛とか愛情とかではなく

自分の満足度合いを高めてくれる相手がお気に入り

なのかもしれん。

だから、ペットであり、マイブームなのである。

 

ブームならいつかは終わるだろう

といっても、その浮気相手と終わるだけで

別のお気に入りを探すので現実には終わりはない。

 

気に入ってる、ハマってる、マイブームと

好き、愛情、といったのは別物であろう。