怪しい「アイツ」の素顔はどこまで調べられるか

浮気にしてもストーカーにしても

嫌がらせにしても不倫にしても

とにかく相手がどこの誰か判らないと「手も出せない」。

 

訴えようにも住所氏名不詳では話しにならん。

刑事事件でもなければ警察も相手にしてくれん。

たとえ、そうであったとしても警察も忙しいから

相手にしてくれるとは限らない。

 

何も手掛かりがなければ監視して尾行して

住みかを突き止めるのが第一段階である。

その監視だって「いつ」住居を突き止められるかワカラン。

何日も何十日もかかることだってある。

1日数万円の費用だったとしても

数十万円~数百万円規模になるのは必定である。

 

 

そんな時

一つでも確実な情報があればそれを手掛かりにする。

確実な情報といっても

LINEのID

乗ってる車の色や車種

住んでいる地方(県や市)

その程度では話しにならない。

もっと確実な

公的証明に載っているようなものが必要である。

 

本名、生年月日、住所、口座番号、

車のナンバー、携帯電話の番号、

そんなものが二つ以上組み合わせれば相手に辿り付ける。

一つの事柄が判ればそこから芋づる式に情報が手に入る。

 

財産、家族構成、結婚の有無、借金の有無やその額、

どんどん丸裸にしていける。

 

「そんなことはイカン」などと言う人もおる。

しかし

だったら他に手はあるのか? 

お前が助けてくれるのか?

メンドー見てくれるのか?

 

世の中、綺麗ごとを言う輩はたくさんいるが

そんな理屈を言ってもどうにもならん。

 

 

浮気調査で始まったら

詐欺被害だった、なんてことも実際ある。

結婚詐欺だって実際に起きている。