探偵の監視活動

元々、ラブホに入る相手を追いかける

という調査が少ない探偵であるが

このところ

浮気調査というのがだんだんと減ってきた。

世間一般では「探偵=浮気調査」なのだが

世の主流から外れてしまったのであろうか?

 

ではどんな調査が多いのかというと

浮気行為そのものの「ある・なし」

その現場を抑えた写真で証拠を固める

というよりも

「特定人物の素行・行動調査」

というのが多くなってきた。

 

浮気してるらしいダンナが接触する女性や行く場所

浮気してるらしい不倫相手が接触する女性や行く場所

と、ここら辺は今までと似ているか・・・・。

そこに

不穏な行動をする家族や親族が接触する相手や行く場所

怪しい行動をする社員が接触する人や行く場所

不正な行為が発覚した元社員が接触する人や行く場所

 

つまりは特定の人物が

接触する相手、よく行く場所、行動を共にしている人

を調べる訳である。

接触した相手をよーく調べたりもする。

調査というよりも監視である。