こんな車の尾行や追跡はカンベンしてくれ

尾行というと徒歩ばかりではない。

車を車やバイクで尾行したりも当然ある。

しかし、これがなかなか怖いものである。

 

相手はどんな運転をするか情報がなかったり

その情報が間違っていたりする。

とにかく行ってみなければ判らない。

 

運転はドン臭い

運転がヘタ

歳とってるから安全運転

余りスピード出さない

 

こんな説明を聞いて

「ほい、そうか!」

などと安心したら大間違いであった。

 

高速ゲート入って本線出た途端150キロオーバー、

高速道で車線変更繰り返し、

とか

黄色信号で交差点突っ込みとか、

黄色から赤に変わっても突っ込む輩、

とか

一般道の交差点をタイヤを鳴らしながら曲がる、

とか

交差点の赤信号待ちをせずコンビニ駐車場を突っ切って曲がるヤツ

とかワンサカであった。

 

逆に

「運転荒いから気をつけてください」

と言われた案件では

転回禁止場所でのUターン

交差点左折ラインから無理やりの右折

渋滞の中から反対側車線を数十メートル走って右折

夜の一般道を100キロ走行

などなど

ムチャクチャな連中もいたのであった。

 

 

「マトモなのはおらんのか?」

 

と思うくらい狂った運転ばかりであった。

 

「こりゃイカン」

ということで追跡を諦めることもよくある。

事故を起したり遭ったり、警察に捕まっては

まったくの「アホ」である。

 

多くの場合

家族がいつも見ているような運転ではないのである。

 

家族の指示でGPSを着けたダンナの車でも

エンジンの性能テストか?

と思うくらいのスピードで走ったりする。

 

 

さらには

住宅街での張込みから尾行追跡のケースでは

車では難しいので目立たないバイクとなる。

それで必死に追うわけである。

しかも

道の狭い住宅街ということで

中型や大型のバイクでは取り回しがタイヘンだし

やたらと目立つから

小ぶりのスクーターを使っている。

 

 

こっちも100キロくらいは出るが

やはり相手は一般道をブイブイいわせて走り抜けるのである。

信号なんぞ

「見えてるんか?」

と思うくらい思い切りよく突っ込むのもいる。

 

かくして探偵は危険を避けるために

ここでも途中で追跡を諦めるのである。

まったく

 

「尾いて行けるかい、ダボっ!」

である。

 

 

ほんと怖いものである。

連日、車の暴走事故が報道されるが

高齢や病気でもなくてもそんな連中がおる。

イヤ、これも立派な病気、疾患、障害であろう。