相手の「何について」だったら知ってるの?

交際する相手、金を貸した相手、

結婚しようと思っている相手、

等など、いろいろな「相手」について

実は何も知らなかった、という人がいる。

 

以前にも何度かこのブログで紹介しているが

自分が交際・交流している相手について

「ほとんど何も」知らずにいて

その相手と結婚しようとか、

自分が経営する会社の社員にしようとか、

金を貸し込んでいたり、

そんな人がたくさんいたりする。

 

 

それも2年3年と顔を合わせているのに

相手のことは「な~んも」知らん

というのはどうい訳であろう?

 

 

調査依頼が来て面談していて

相手の名前を聞いたら

「○○と言っているけど本当か判らない」

 

住んでいる所を聞いたら

「○○の方」とか「○○線沿線らしい」

 

勤めている会社を聞いたら

「○○辺りにある会社らしい」

「○○系の物を売っている会社のようだ」

 

「らしい」や「ようだ」で何年も交際したり

結婚しようと決心したり、

金を貸していたり、社員にしよう、

等というのは如何なものか。

 

知り合うきっかけは

出会い系サイトだったり

SNSだったり

現実の世界とは別の場所がきっかけだったりするので

いくらでも「騙せる」のである。

 

 

中には知っているのが

LINEのIDだけ

顔も住んでいる所も会社も名前も

何も知らない、という「剛の者」もいたりして

手の付けようが無いケースもある。

 

 

匿名性を利用して自分が遊んでいて

その後、「実名」が欲しくなったり、必要になって

依頼や相談してくる人が多いが

それは「自分勝手」ではなかろうか。

 

最初から最後までお互い

責任もって「匿名」でいるべきじゃないか?

 

騙された自分が悪かったと

諦めるしかないケースが余りにも多いのである。