調べればいろいろ判る

尾行や張り込みをして相手が判って

「さて、どうするか」

となるのだが、ここからが意外と難しい。

浮気調査にしても交友関係調査にしても

人海戦術ではできない分野になるからだ。

 

尾行にしても張込みにしても人数さえ出せば

行先やらその友だちやらは簡単に判明する。

しかし

名前は?

以前の住まいは?

財産は?

銀行口座は?

親は?

といったことを調べるには人数の問題ではない。

 

 

情報とはそれだけ取得が難しい

 

 

浮気調査では相手さえ判ればそれでOKである。

しかし

そんな事では済まない重大な状況もある。

詐欺、暴力団、フロント企業など

悪意を持つ人間や会社と接点ができたりすると

将来どんな結果になるか知れたものではない。

 

子供や家族、親族がそういう輩と付き合っていたら

それこそ自分たちが犯罪の片棒を担ぐことにもなる。

 

家出した子供が

そういう連中がウヨウヨいる風俗業界に行ったら

トンデモナイことになるのは明白。

 

 

子供の交際相手がそんな連中だったらどうする?

新しい取引先がそんな連中だったらどうする?

浮気や不倫でいい気になっていたら相手がそうだった

そんな時どうなる?どうする?

 

悪い連中は

警戒心を持たせずに接近してくるものである。

 

そして

そんな連中や関係者はそこら中にいるのである。

 

 

 

今まで浮気調査で

「どう考えてもオカシイだろ」

という連中をたくさん見てきたが

そういう連中以上に

悪意をもって

接近接触してくる連中はいるし、食い物にされる人も多い。

 

 

そんな被害を受けた人たちから受ける調査では

「これが判れば」

という所まで追い込んでいながら前に進まないケースも多かった。

 

 

しかしここに天佑神助ありで

そういう方面に強い味方が出てきたのである。

おかげでいろいろな情報が手に入り

いろいろな工作も可能になってきた。

 

とはいっても

よくある「恋愛工作」「別れさせ工作」ではない。

相手を追い詰めるための手立てができたのである。

 

もちろん

浮気などの調査でも利用できるし

家族・親族の交友・交際関係

企業では社員の交友や取引先の調査

といった局面では決定打を打つことも可能である。

 

浮気調査においても

会社の重役など重要情報に接触できる人たちが

簡単に女性と関係を持つことが多い。

ハニートラップだったらどうするのか?

いつも不思議に思っている。

 

世の中には

いろいろな形で「罠」が待っているのである。

そこから致命傷を受ける人や会社もある。