女性にとって結婚とは、もれなく「3歳児」がついてくるようなもの

「しいたけ占い」というので見ると

不肖の探偵は「永遠の3歳児」となっている。

まぁ、昔から放浪癖があって幼稚園の頃から

「あの山の向こうには何がある?」

「この川に沿って行くとどこに出る?」

等と思いを巡らせて歩いていたのであった。

今も大して変わらない暮らしをしているが・・・・。

その点はたぶん、100%当たっている。

 

さて、女性が結婚すると3歳児がついてくるとは

放浪癖のある男がついてくるのではなく

「3歳児」のような言動や行動をする男がついてくる

意味である。

 

男性はだいたいがその程度のものなので

成人男性と結婚したと思ったら

精神は3歳児であった

という例えである。

 

褒めてもらう

話しを聞いてもらう

優しくしてもらう

あるいは保護してもらう

 

そんなことを男性は女性に対して求めているらしい。

 

 

出産して子供ができたら浮気する

などという男性も

そんな保護者が赤ん坊に集中した結果、疎外感を持ち

他に保護者を求めていくようなものであろう。

 

自分の奥さん、保護者、自分を大事にしてくれる人だったのが

出産して子供のお母さんになって、子供の保護者になって

子供を大事にする人になったら

自分に冷たくなったと感ずるのであろう。

子供にヤキモチ、嫉妬するのである。

 

 

子供が複数いると判るだろうが

1人に優しくしたり、

1人だけにお菓子を上げると、

もう1人がヤキモチ焼いて騒ぐのと同じである。

3人以上になると

おやつや夕食のおかずの量が違うだけでエライ騒ぎである。

食事の量で騒ぎになるのは刑務所と同じである。

 

それと似たことが

出産と同時に現れるのである。

男は3歳児

そう思って間違いなかろう。

 

男である不肖の探偵が言うのも変だが

男なんぞ、そんなものである。