また浮気したら「こうしてやる」と決意して実行する妻

浮気されてショックを受ける人は多いが

ショックを受けてばかりでは「辛抱ならん」ということで

次に浮気したらこうする、と相互で取決める妻がいる。

 

すべては女性側からの話しでるあるが

公正証書にしておいて

「ダンナがまた浮気したら今回の慰謝料の倍額を請求する」

というのもあったり

相手女性を訴え、ダンナとの接触を絶たせた後に

「再度会ったら、1回会うごとに○○万円を徴収」

などとした人もいる。

 

そんなことしても払う訳なかろう、

と思うだろうが意外に払うケースも散見されるのである。

 

 

たとえ払わなかったとしても債券としては残る。

この債券債務の関係はどこまで続くのか

専門家ではないからワカランが

離婚時に清算したとすれば

ダンナも相手も一気に破産に追い込めそうである。

 

 

もし、相手の口座を差し押さえるのであれば

不肖の探偵に口座調査を依頼して欲しいものである。

相手の名義の口座をすべて調べ、

口座残高もすべて調べて進ぜよう。

 

 

浮気相手との接触を絶たせる

というケースは今までもあり、会うたびに

 

罰金というか利用料というか

 

それを加算していた人もいる。

 

そうなると現場から報告しても

 

「なんだ!、今日は会わないのか・・・・残念」

 

と浮気が悲しいのか、商売なのかよく判らない反応がくる。

新手の美人局(つつもたせ)のようで恐いものである。

 

まったく鬼か般若のような妻たちもいるのである。

あとでどのような報復があるか判らない。

当然といえば当然の結末なのであろうが。