浮気相手、不倫相手と手を切らせる手段

何度注意しても浮気相手と切れない、

相手を訴えても不倫相手と縁が切れない、

懇願しても、怒っても、離婚を持ち出しても

不貞行為を止めない人(ダンナ)はたくさんいる。

 

離婚しようにも「先が読めない」、

離婚に「合意」してくれない、

別居しても生活費を入れない、

こんな状況では精神的に追い詰められるだけである。

 

法的にはダンナを懲らしめる手段というと

浮気相手と一緒に慰謝料を請求する、

今後の浮気活動に対して公正証書を作る、

浮気相手にダンナへの接近禁止判決を取る、

等などあるが、これといって強力なものはない。

 

不貞行為で刑務所行きなんぞあり得ないが

慰謝料不払い、接近禁止無視も同様である。

 

金が無ければ慰謝料なぞ取れないし、

そもそも払う気が無ければ「口約束」程度のもの、

公正証書を作っても同様である。

 

 

そんなダンナ、そんな浮気相手をどうやって懲らしめる?

 

離婚や別居まで視野に入れなくても、

どうやって手を切らせるか?

 

まずは目の前の敵を殲滅することが重要である。

 

 

ダンナの浮気であれば一番イタイ部分は相手の女性である。

今までの経験では、そこを突くとダンナが弱くなった。

ダンナ自身を突いても何の変化もないのに

相手女性を突っつくと弱くなるのである。

 

つまりは

相手の女性を攻撃した方が宜しいのではないかと・・・。

それか相手の家族・親族が宜しいのではないかと・・・。

 

 

この方法はけっこうイタイ作戦である。

 

しかし

浮気相手が判明しダンナを問い詰めた時、

「あんた○○と付き合ってるでしょ?」とか

探偵が撮った写真を見せて

「この女とホテル行ったでしょ?」

などとやった場合と

 

浮気相手は判明しているがダンナにそれを言っていない時、

つまり、ダンナは奥さんが浮気相手まで知っていない

と思っている時とでは手段も方法も違ってくる。

 

この差、この違いを理解していないとトンデモナイことになる。

 

手を切らせる、縁を切らせる

とはいっても、段階によって手段も方法も違うのである。

 

「浮気相手と手を切らせたい」

と思っている人はよーく考えて行動すること。