妻や交際相手を攻撃し続ける人

世の中には

「他人」を攻撃して無価値化しようとする人がいる。

「あいつは使えない」

「バカだからこの仕事には向かない」

「○○大学出身だからアホだ」

などなど数えたらキリがない。

 

世の中は別として

配偶者(主に夫)や交際相手(主に男)でもこの類がいる。

モラハラなどと呼ばれている行為もそれであろうが

本来の目的や本人の思うところは別にある。

支配である。

 

最初のうちは反発したり言い返したりするであろうが

毎度の如く攻撃し続ければいつのまにか反撃の意欲は失われる。

そうなると「諦め」の気持ちがだんだん大きくなり

反発もしなくなり、相手の言い分を聞いているだけになる。

 

つまり、支配され奴隷となった訳である。

 

浮気の調査を依頼してくる人の中でも

このような諦めの生活を送ってきた人がいる。

 

それがある日、何かのきっかけで「目覚め」

反撃を始めることになった人も多い。

 

結婚して何十年も虐げられた生活をしていた人、

相手の言うがままの生活を続けてきた人、

毎日怒鳴られ、暴力を振るわれる生活をしてきた人。

 

そんな毎日の中で夫や相手は

他の女と浮気していたり、

他の女と別の生活をしていたり、

子供ができていたり、

相手にお金を使い放題だったり、

等やりたい放題の暮らし。

 

 

今までは、それを知っても何の反応もなかった心に

ある日、突然、何かのきっかけで

反撃の意思が芽生え反旗を翻すことになるのである。

 

 

攻撃欲の強い人というのは

他人の幸福を許さない、

他人の幸せを壊したい、

他人の不幸は蜜の味、

嫉妬心が異常に強い、

全てを支配しようと思っている

などが心の奥底にあって、自己愛が異常に強い傾向にある。

 

他人(周囲のすべての人)は

自分のためにいる、

自分がステップアップするための踏み台、

そのために存在する、と思っていたりもする。

 

 

他人とは自分以外の人であり、

血を分けた家族や配偶者も対象となる。

 

こういう人は独特の傾向があり

自分が失敗したとしても相手がその原因であるかのような

説明や言い回しをする。

つまりは、結果的に

「あなた」が悪くて自分が「その被害者」である。

という方向に導くことに長けている。

 

攻撃欲の強い人は「逃げる」のもうまく

疑問に感じて質問したり、なぜ毎日責められなくてはならないのか、

といった反論をしても巧妙に話しをそらせたり、

論点をすり替えてしまう。

 

 

友だちとしては近寄りたくないが、

こういう人と結婚したらオシマイである。

自分が痛い目に遭わないと判らない人である。

否、痛い目に遭っても一生判らないかもしれない。