依頼人が希望する探偵との面談場所

調査を依頼する時に探偵と面談するが

多くの場合、探偵事務所で会って相談し契約する。

どこの探偵も面談となると

「事務所へ来て下さい」

という応対をしている。

 

不肖の事務所は東京の多摩地域にあって都心から遠い。

以前は、もっと都心よりに事務所があったが

事務所で打合せなんぞまったく無かったし今も当然ない。

 

そりゃ遠ければ来るわけもない。

しかし、そんなことよりも

探偵の事務所に

好んで出かけようとする人自体がおらんように思う。

誰かに見られたらイヤだ、

事務所に監禁されて契約を迫られたら恐い、

そんな理由で嫌がる人は多い。

 

 

というわけで、不肖の事務所では出張面談ということで

依頼人が希望する場所、

お互いが都合の良い場所で会うことにしている。

もちろん、

遠くに住んでいる依頼人の場合には、メールでの書類交付もある。

 

 

さて、会う場所といえば

どこかの喫茶店、ファミレスがほとんどである。

時間も昼間あり、夜の10時過ぎありといろいろである。

中には「他人に聞かれたくない」ということで

カラオケ店を指定する人もいる。

 

極稀に、「自宅」を指定する人もいたりする。

小さい子供や赤ん坊がいたりする人ではこれである。

 

夜に掛かってくるような「大急ぎ」の調査は

「私、現場にいます。待ってますからお願い」

ということで対象となる現場付近だったりもする。

 

 

 

しかし最近、特にのこの1~2年では

「駐車場で合流して面談したい」

という要望がチョロチョロ出てきた。

 

スーパーやホームセンター・家電量販店のビル型駐車場、

公営の大きな地下駐車場といったデカイ駐車場で合流し

車の中で面談したり、そこから別の場所へ移動したり。

 

浮気オヤジが相手女性と合流するシーンそのものである。

薬物中毒の連中が薬を受け渡すようなシーンでもある。

会社の重要書類を謎の人物に渡すようなシーンでもある。

 

なんでこんな場所を選ぶ人が増えたのであろうか?

 

浮気調査に限らず、いろいろな調査でこんな面談が増えている。