「頭がオカシイ」と思う人たちの浮気はエライ問題を起す確率が高い

頭がオカシイというのは一般的な言い方で

その行動や言動が通常では理解できない人。

そんな人達の浮気を見たり聞いたりして思うのは

「やっぱりオカシイ・・・・」に尽きる。

 

時々このブログにも登場するような

・すぐキレる

・怒鳴る殴る蹴るのDVが激しい

・言葉のDVも激しい

・生活費を入れない(経済的DV)

・妻や家族をガン無視(精神的DV)

・家庭内でのモラハラが激しい(精神的DV)

・性的嗜好が一般的ではない(性的倒錯)

・外面と家での顔がまったく違う

・すぐウソを言う

・競馬、パチンコ等のギャンブルに入浸り

・キャバクラ入浸り

・毎日が飲み会で深夜帰宅またはホテル泊まりの連続

 

こんな生活をしながらも浮気だけはセッセと繰返す

しかも、浮気現場で見せる「ニコニコ顔」は妻側から見ると

「結婚してから見たことがない」くらい温和な顔。

「二重人格じゃないの?」

と言う依頼人もいるが、昔風に言えばそうなる。

 

 

人格障害つまり

「パーソナリティー障害(Personality disorder)」である。

パーソナリティー障害にはいろいろな形があって

それこそ患者の数だけ病名があるような感じ。

 

 

モラハラもDVもはっきり言えばその障害の発露だし

ギャンブル依存症もその障害の結果だし

性的倒錯も精神疾患の現れだし

飲酒などの中毒も依存症という精神疾患となる。

 

つまりは、

オカシイ、異常だ、普通とは違う

なんて行動だったらその通り、

 

精神的な疾患を抱えている

 

といえる。

 

言動もそう。

平気でウソをつく、なんていうのだって障害。

中には「作話症(さくわしょう)」という精神疾患もある。

虚言癖などと言える代物ではない人だっている。

 

 

で、こんな配偶者や交際相手の浮気を疑った時

普通の人は一様に

オカシイ、異常だ、なんでこんな表情ができる

と頭が混乱する。

 

否、それよりも

浮気できる訳がない、

相手にしてくれる人なんている訳がない

と思い込んでいたりするのである。

 

だからこそ「浮気発覚」で頭が大混乱する。

 

さらに輪を掛けて

こういう人達の浮気というのは

乱脈なので

・浮気相手がたくさんいたり

・異常なほど金を貢いでいたり

・何でも言う事を聞いていたり

・子供ができていたり

・変な病気を貰っていたり

何でもアリの状態が続いていたりする。

 

 

過去にも書いたとおり

・夫に性病を伝染された

・妊娠させていた、子供がいた

・相手の配偶者にバレて慰謝料をこっそり払っていた

等という事実があったりするから大問題なのである。

 

 

浮気調査というと

浮気現場や相手等の証拠を押さえて云々となるが、

オカシイ人、異常な人たちの浮気調査は

そうカンタンなものではない。

 

調査してもらった探偵から

「この人オカシイですよ」

「この人異常ですよ」などと言われたら

 

たぶん、この傾向が強い人

 

と思って間違いない。

 

不肖の探偵事務所はこんな連中ばかりを相手にしているから

何となく判るのである。

何せ、たぶん他の探偵よりもたくさんの

 

頭のオカシイ連中の浮気

 

を調査しているのだから。