不肖の探偵の下にくる依頼ってのはどんなのだ?

そんなことをよく聞かれるので

ざぁ~っと紹介してみよう。

夫婦間の浮気問題での調査は今年無いけれど

変わったものだったらけっこうある。

 

以前も紹介しているかもしれないし

ダブっているのもあるかもしれないが

紹介第二段としてカンベンしてね。

 

1 不倫相手の浮気を疑う女性からの監視調査

よくある「不倫関係で相手が浮気しているらしい」ということで

依頼してくる調査。今年はこういった「浮気調査」が

ヒジョーに多かった。今も尚、調査継続中の人もいる。

 

2 社内情報を持ち出し、退職後ネットで販売した社員の所在調査

情報を持ち出しておいて後から「売る」という人間は

けっこういるらしく、同業他社の人間からも聞くことが多い。

いったいいくら位で売っているのか知らないが、

それを発見した会社が相手を訴えるために

現住所が必要になるので調べる。

ほとんどが転居していて探せないために探偵に依頼してくる。

 

3 結婚しようとした相手に別の交際相手がいるらしい

相手は本当に結婚する気があるのか多いに疑問が出るケース。

もしかして土壇場で取り止めにして逃げる気なのか

それともこのままずっと「いける」と思ってるのか?

 

4 社内で窃盗をはたらきクビにした元社員が別の問題を起していた

元社員の不正や悪事が後で発覚することは珍しいことではない。

そんな時、やはり訴えるために現住所が必要になるが、

それが簡単に見つからないので困ることが多い。

 

5 取引で騙した相手を訴え差押さえをするために調査

これは毎年のようにやってくる調査依頼。

差押さえするために相手の財産調査や口座調査をするが

「計画的」な連中が相手だとなかなか苦労する案件。

 

6 家出した子供が風俗業界にいるらしいので探し出す

風俗業界、たとえばキャバクラに流れる人は少なからずいる。

募集活動も活発だし「売り手市場」なのかもしれない。

時給も場所によっては2500円以上だし・・・・・。

 

7 金を貸した会社の社長がどうやら遊び歩いているらしい

資金難を理由に金を借りた会社の社長が、

会社に金を使わず遊ぶために使っているらしい。

ということで社長の行動調査で監視。

ヘタすれば貸付金は「パー」になる可能性もあるので

困った貸元が依頼してきたもの。

 

8 スゴク変わった依頼

夫のスマホにあった非常に親密な姿の女性の写真。

どうやら会社の同僚らしいので会社を見張って相手を探す。

写真の数々は裸だったので「顔」のイメージだけで探したケース。

大きな会社ではなく女性の数もそれほどではなかったが、

裸の写真から相手を探すのは苦労が多過ぎ。

「かもしれない」というところまで絞って住所を特定。

 

 

夫のスマホに送られてきた交際女性らしい相手の住まいを特定する。

たくさんの画像があったので背景から場所や行動範囲が

推定できた稀有なケース。

 

 

警察が相手にしてくれないので

「犯人」と思われる相手の日々の行動を監視する。

 

 

まぁ、第二段としてはとりあえずはこんなところか・・・・・。

アホらしいものもあれば、恐いものもあったし、

ウソみたいなのもあった。

根性・忍耐・我慢の仕事はまだまだ続くんだろうな。