探偵は「義務」で仕事をするのか?

夕方から明け方にかけての調査が

断続的に続いていたせいで

生活のリズムがすっかり狂い、

食事も1日1回という変な食生活になってしまった。

 

こんな生活リズムを言うと

「昼夜逆転ですね」

などと言われるが、それは夜起きていて昼は寝ていること。

探偵のそれは

明け方か早朝に寝て9時頃に起きだす生活なので

昼間もちゃんと生活しているのである。

 

寝る時間少ない、食事も少ない

となれば痩せるであろう、と思うが

体重は変わらずなので、

もしかするとこれがベストな生活リズムなのかもしれん。

 

人に言わせると

「商売とはいえキツイ仕事だね」

だそうだが、不肖の探偵からみれば

毎日ラッシュの電車に乗って通うサラリーマンの方が

よっぽどキツイ仕事である。

そんな辛抱強さは

まったくと言っていいほど持ち合わせていないのである。

 

しかし張込みなどでず~っと待っている辛抱強さはある。

 

「それは金になるからだろ」とか

「商売なんだからそれは当然の義務だよ」

とも言われるが

不肖は義務でやっている意識はもっていない。

 

なんというか

依頼人の恨みを晴らすために証拠集めをしている、

依頼人の権利を守るために活動している、

そんな気持ちなのである。

義務でやるのなら「時間の消化」「適度な写真撮影」

そのくらいでもいいだろう、と思ってしまう。

 

依頼人と直接会って話しを聞いて、方針を決めるから

そういう気持ちいなるのかもしれんが・・・・・。