最初から「長期間・長時間」の依頼は来ない探偵事務所

他の探偵事務所はよく判らないが

うちには最初の段階から

「長期間」とか「長時間」での調査依頼というのは

ほとんど来ない。

来たとしてもせいぜい「1週間」くらいの期間である。

 

普段の依頼はだいたいが

「1~3日間」程度の長さだったり

「今日・明日したい」などという急な依頼だったりする。

つまりは、長期間で先が読める調査というのが余り無いのである。

 

 

ドラマなどでは「ヒマな探偵事務所」で

やることの無い探偵がゴロゴロしていて、

依頼が来たら「飛び出していく」ような場面もあるが

実際にそれをやっていると

「あっ! という間に倒産」するので

他の事務所に「出稼ぎ」というかレンタルしたり、

フリーの探偵に頼んだりするケースが多いようだ。

 

毎日毎日、

山ほど依頼がきて山ほどの調査をこなすなら

社員探偵を使うだろうが、

そこまでいっている事務所は少ない。

そういうことができるのは

「億単位」の広告予算があるところだけであろう。

そうして

事務所の収入確保を重視するからお客さんに

「長期、長時間」の契約を勧めることになる。

 

また、

自社の探偵を貸し出していたりすると

調査の際にそうそう「呼び戻す」こともできない。

フリーの探偵を使おうにも「突然」の呼び出しには

なかなか応じてもらえない。

さらにフリーであれば

「1~3日だけお願い」と突然言っても来る由もない。

やはり長期で使ってくれる事務所に行く。

 

フリーの探偵というのは

「派遣社員」か「ワンコールワーカー」のようである。

やはり安定的に収入源を確保したいのであろう。

 

かくして富の偏在ならぬ「探偵の偏在」が発生する。

うちも同様で

突然の依頼やら準備に余裕が無い状況での依頼がくると

体制を整えることができん。

その結果「単独出動」となることが圧倒的である。

まぁ、依頼人が

「単独で」という条件を付けることが多いので

その辺は普段通りであるが、なかなか大変なのである。

 

うちのように「単発」「短期」「突然」の依頼が多い事務所では

人員配置の面では苦労が多い。

 

しかし、

単発、短期、突然の依頼といってもその中から数件が

連続リピートとなって結局は長期利用となっている。

中には月間数回の調査を1年、2年と続ける人もいる。

こちらとしては

「そうなるなら、最初から長期契約してほしい」ものだが

依頼が来るだけでもありがたいものである。