法的立場に関係なく、必要としている人に必要な調査を提供する

浮気調査を依頼すると「あなたとの関係は?」

と大抵の探偵事務所では聞かれる。

浮気調査では配偶者であって、

不貞行為を糾弾できる正当な権利を持っているか

それが前提となる。

 

だから、不倫関係の相手に他の浮気相手がいるか

などという調査は

原理原則からいえば受けない探偵事務所が多い。

 

しかし、そういっている所でも

旧友を探すとか、昔の恋人の行方探しなんていうのは

引き受けていたりする。

 

その線引きの基準はどこにあるのだろうか?

 

旧友探しとか恋人探しなぞに「探す正当な権利」など

あるのだろうか?

 

そんなものはない

不肖の探偵はそう思う。

 

結局は、それぞれの探偵事務所の方針だけで決まる。

もっと端的に言えば

「金が取れるか」

だけが基準のように思うのである。

 

探偵業法では調べた結果を

違法行為に利用する可能性、

差別行為に利用する可能性、

つきまとい、ストーカー行為に利用する可能性

等など、

公序良俗に反する行為に発展する可能性がある場合

調査引き受けをするな、と謳われている。

 

不肖の事務所にも

「怪しい」と思うような依頼がくることもあるが、

法に照らして断る、というよりも

直感で断る方が多いのである。

いわゆる

「当社基準」に照らして断るわけである。

 

原理原則というよりも、社内基準の弾力運用となる。

 

探偵というのは

困っている人、必要としている人に

調査というサービスを提供しているのだから

不肖の事務所では

浮気なら配偶者、不倫相手を問わず受けるし、

出会い系詐欺やら結婚詐欺でも引き受けるわけである。

 

相手の経歴や家族関係も調べるし

住所や本名だって調べることも当然あるわけだ。

 

その中で「直感」で怪しいと感じたら断ればよかろう。

法的立場や正当な権利がどうの、といったことは抜きにして

「相手の立場」で考えるべきではなかろうか。

 

不倫関係で遊ばれた人、結婚前に浮気された人、

結婚予定の相手に浮気相手がいた人など

こういう人たちは多いのだが、

「正当な権利」の有無でふるいに掛けられると

みなどこにも相手にされないことが多い。