女は「オレの持ち物だ」という男が多い

不倫関係にある男女、

どちらかが別の異性と浮気している、

ということで調査の依頼をしてくるときの

言い分というか言い方というのが男女でまったく違っている。

 

女性側からの依頼では

「悔しい」という感情が多いようである。

 

一方、男性側からの依頼では

「自分の持ち物が浮気した」というような言い方である。

「オレの女が他の男と浮気している」てな感じで

言ってくるのがほとんどである。

 

男性が結婚していようがいまいが

相手の女性は「持ち物」といったニュアンスである。

 

どうも、その言い回しというか言い方が

下品に感じるのが多く、受ける気がしないのである。

 

そういうこともあって

浮気関連の調査は

女性からの依頼ばかり受けているのかもしれん。

 

そうそう、

こういう依頼をしてくる男性は皆どういう訳か

態度もデカイが声もデカイ。

精力がみなぎっているのか・・・・。

 

 

浮気された男性が

「悔しい」なんて言ってきた覚えなんぞまったくない。