仕事をサボる連中

もうだいぶ以前からやってくる依頼で

社員の素行調査というものがある。

当然、怪しい連中との交際などというのもあるが

多くは勤務中の「中抜け」などのサボりの調査である。

 

職種にもよるだろうが

勤務中にどこかへ行ってしまい

何時間も行方不明になる社員というのが

けっこういるのである。

管理職でも消えるのがいる。

 

まぁそれでも利益が上がって

他の社員のモラルに影響しなければ良いのかもしれないが

意外と影響している。

 

中には、他の連中もサボりだして

収拾がつかなくなった会社も会った。

 

突然消えてしまったり、

「●●へ行く」、とだけ言い残して消えたりと

いろいろあるが、残された方は困ることがある。

毎回ではなくても、週に1回とか月に数回となると

その人間への信頼が失墜していくのは当然であろう。

 

今まで依頼がきた会社は

他の連中から文句が出て調査を始める、

などという泥縄状態ではなく、

管理職の誰かが不審に思い、幾度か監視した結果

「中抜けサボり」の可能性が非常に高くなったので

証拠をとってクビにするか降格させるかの対応のために

探偵に調査依頼してきたわけであった。

 

つまりは管理職から社長等に通報が行って

社長決済で調査が決まった、ということである。

 

サボるだけなら「人件費」などへの毀損となるが

中抜けして他社に物を運び込んでいたり、というのもいて

なかなか大掛かりな横領事案に発展することもある。

人件費搾取どころの騒ぎではない。

 

横領となると

正社員だけではなく、派遣社員だったり

パート・アルバイトでもある。

社員採用も恐いものである。

 

会計業務などではよくニュースで

横領事件がたくさん出てくるが

これらは「1人だけ」に業務が集中し

やりたい放題になるから問題になるわけだ。

相互チェックは大事なのだがなかなかできない。

 

しかし、会計業務だけでなくいろいろな場面で

横領は出てきているので

小さな事案、つまり「サボり」に対しても

真剣に対処する必要があると常々思うのである。

 

 

営業社員がサボってパチンコ屋に入るとか

喫茶店で長時間過ごすとか

そういったことはず~っと以前からあったが

この十数年は、

浮気相手の家やラブホに行ったきりというのもある。

 

ギャンブルや「女」が発端で悪事に至るのは世の必定。

弱みを突かれて

相手の言うがままに動く連中だってたくさんいるのである。

 

会社を経営するなら

たかがサボり

などと思ってはいけないのである。

 

 

2019年1月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : コバヤシ