公正証書作成を忘れるな

離婚して、慰謝料やら養育費やらの約束をしても

逃げるのがいる。

逃げられては「一大事」なので

キッチリと「型にはめる」必要がある。

公正証書はそのためのものである。

 

これを作るには弁護士に頼むことになるが

今後の取り決めについての双方の合意文書なのである。

しかも、公的機関つまりは国が認めた約束行為である。

 

双方が弁護士を使わず個人的に納得して

その結果の約束だった場合、

相手が裏切ったら「な~んの保証」もないのである。

 

慰謝料を払わなかったとしても

「払う約束した証拠を見せてみぃ~」と言われたら、

な~んの証拠も無いのである。

 

そんなトラブルを防ぐために公正証書を作る。

 

離婚となった時に「納得」していても

時が経てば気持ちや考えは変わるのである。

その時の「償い」の気持ちや

子供の将来への気持ちが

永遠に続くわけなんぞない。

 

まして、浮気した結果の離婚であれば

「別れたかーちゃん」より

「新しい恋人」に金を掛けようとするオッサンも多い。

さらには

「後は野となれ山となれ」的なオッサンもいる。

 

慰謝料や養育費などは「分割払い」がほとんどなので

数回払って逃げる輩は非常に多いのである。

 

そんな時

公正証書があれば将来的に差押さえができる。

給料やら動産、不動産等々に手をかけることができる。

口座の差押さえだってできる。

それなりの文言をちゃんと入れておく必要はあるが、

注意を払って弁護士と話し合いながら作れば大丈夫。

 

どんな手を使ってでも逃げる、

そんなオッサンもいるが、たいていは払うのである。

サラリーマンなど会社勤めなら尚更である。