鬼畜のような酷い奴等の調査が急増

調査の依頼内容、

だんだんとエグイものが多くなってきた。

今までのような「浮気した」「浮気相手を調べる」

といったものが極端に減ってしまったのである。

 

それに代わって増えているのが

不倫相手を妊娠させて逃げた、

隠し子がいる、

夫が浮気相手と逃亡した、

こういったのが急増である。

しかも連打ときた・・・・。

 

 

もはや鬼畜の所業ともいえるような事案、

浮気どころの騒ぎではないような事案、

事案というよりも事件であろう。

 

家庭崩壊案件ばかりである。

日本人の倫理感も崩壊状態である。

いったいどうなっているんだ?

 

 

不倫関連での案件であれば

他の探偵事務所に断られることが多いから

うちのような事務所に来るのだろうか?

 

隠し子案件も、

弁護士が匙を投げたような状態である。

匙を投げるなら、

少しは今後の道筋くらい教えてくれてもよかろう。

 

浮気相手との逃亡案件なぞは

どこの探偵事務所でも引き受けるはずだが

なんで断るのであろうか?

 

どこの探偵も「手が足りない」状況なのかもしれん。

 

うちも同様である。

うまい具合にスケジュールの合間を縫ってくれたような

調査日程であるが、なかなかタイヘンなのである。