国際結婚の末路か? 哀れな外国出身妻たち

海外に住んでいる日本人から

日本国内での調査依頼というのはよく来るが、

国内在住の外国人(日本国籍取得者)からの

浮気関連調査というのもちょくちょくやってくる。

 

国籍取っているのだから日本人ではあるが

国際結婚して日本人のダンナに浮気されて、

という流れは皆同じである。

 

そんな国際結婚カップルの浮気に絡んでくる相手が

日本人あり、外国人ありで

国際色豊かな浮気状況であったりする。

 

あの国出身の奥さんと、あっちの国から来た女で

日本人の夫の取り合いが発生したりで

見かたを変えると、

どこぞの国との領有権争いのようでもある。

 

依頼してくる人たちは皆、日本語ができるので

こちらとの意思疎通に問題はない。

ただ「文字」が判らなかったりで、

メールのやりとりが「ひらがな」メインになったりする。

 

浮気問題は万国共通で、

浮気された側の気持ちも万国共通である。

怒り方は違っても

悔しい気持ち、裏切られた気持ちは同じである。

 

 

留学したり、

いろんな国の会社に勤めたり、

海外居住を繰返して色んな人種や人と接してきたり、

様々な経験を積んできていたり。

人を見る目は不肖以上であろうはずなのに、

華々しい経歴は不肖の比どころではないのに、

なんでそんな「ロクでもない男」に引っ掛かるのか?

 

哀れでならない

 

同じ日本男子としては夫達に

天誅を加えるべく、

彼女たちの味方となるのであった。