依頼人は困っているし、必死なのである

ここのところオゾマシイ案件が続く。

浮気相手を孕ませて逃げた男、

隠し子が発覚したが相手の女が掴めない妻、

毎日日替わりで浮気相手と楽しむ夫、

出社前に必ず浮気相手の家へ寄る車通勤の夫、

会社の金を持ち逃げして行方を眩ました社員。

 

話しを聞いていくとゲンナリする。

皆、行方や相手が判らず困っている人達である。

 

そんな中でも

「できることは自分でやる」

「ある程度の情報は自分でとる」

という気概を持った依頼人が多いので

こちらはそれらの資料を基に調査ができる。

 

何から何まで「丸投げ」という人はまずいない。

 

夫の調査で「予定外」の行動のため

こちらの配置が間に合わず

その間「依頼人自身」が尾行を続け探偵と合流

などというのもあった。

皆、やればできるものである。

 

さらには相手の車にGPSを仕掛け

ある程度の行動パターンを把握していた人もいる。

 

「良い悪い」は別として本人達も必死である。

 

探偵も透明人間ではないし、

すべての情報をキャッチできるはずもない。

できる範囲というものがある。

 

丸投げすれば本人は「楽」であろうが

費用は途方もなく掛かってしまう。

費用を抑えるためにも本人の努力は欠かせない。

 

 

調査する際はスケジュールを決めているが、

相手が予想外、予定外の行動となれば

人員配置など間に合うはずもなく、

不肖が一人で飛び出すことになる。

 

うちの場合は「予定通り」の行動をしてくれる

そんな相手はいないので大弱りである。

 

しかし

一人の方が集中できて、気兼ねなく追えるし張り込める。

複数だとどうしても頼ってしまうし、

アドレナリンの湧き方が違うのである。