浮気夫たちを見てきて思うこと

浮気夫たちの調査をしていると

罪悪感もなく平然と妻にウソをつき、

浮気することに何のためらいもなく、

自己中心的でマイペースで、

キレやすく、共感性がなく・・・・・

そんな夫が頻繁に登場してくる。

 

というか、そういう連中しか浮気しないのかもしれん。

中には性的放縦で異性関係が乱れているのもいるし、

家庭を省みない輩なぞゴマンといる。

 

こういうのを見ていると

もはや「サイコパス」の分類に入ってきているような

予備軍どころか本チャンのような感すらある。

 

過去に何度も言ってきたように

1~2回なら判るが、

それが何度も続くようでは

もはや異常なのである。

 

職場や飲み屋で知り合ったシロウトから

電話一本のプロまで

幅広く相手にして「悦に入っている」そんな輩もおる。

 

頭がオカシイどころか

もはや修復不能ではなかろうか

そんなのもいるわいるわである。

 

そういう連中を

「私がなんとかしよう」

などと思っていたら

一生が台無しになる。

 

さっさと終わりにして

新しい人生を始める方がナンボ良いか・・・。

 

探偵に調査を依頼してくる人は

新しい人生を始める決心をした人が殆どである。

 

どんなに調査しても

何度も調査しても

新しい一歩を踏み出せないのであれば

ムダな調査と言えるかもしれない。

 

浮気発覚毎に

高額な賠償金(慰謝料)を払ってくれるなら

そのままでも良かろうが、

多くの夫たちはそんな資力はないので

どこかで「切り捨てる」しかない。