不幸の原因はそれぞれにある

探偵にくる「依頼」というのはいろいろあって

その中に浮気やら監視などというのがある。

「何か」を調べる依頼というのはたくさんの種類がある。

依頼人もいろいろで女性からのものであっても

浮気などの「色恋沙汰」ばかりではないのである。

 

家庭問題でも交友関係での問題でも、

さらには会社の社内問題や取引先問題、

いろんな問題が世の中では起きていて、

警察では対応しない問題というのは星の数ほどある。

 

そういった問題を抱える人は

地位、資産額、職業、役職、学歴、男女の区別等なく

皆、平等に悩み、苦しんでいる。

そして、相談する相手がいないという点も

似通っている。

 

「男女の区別なく」とは書いたが、その中間の人からもある。

 

 

一見、平穏で幸せな家庭でも

問題が起きていて内部はカオスだったりする。

 

人も羨むような地位、職業、役職なのに

哀れな問題でドツボにはまっている人もいる。

 

順風満帆な様でいて

一人の社員のせいで屋台骨が揺らいでいる会社もある。

 

毎度言っているアンナカレーニナの出だし

 

幸せな家庭は一様に幸せだが

不幸な家庭はそれぞれに不幸である

 

そのものである。

 

悩みの種は尽きないのであった。

安土桃山時代の大泥棒、石川五右衛門の時世の句と伝えられるものに

 

浜の真砂は尽きるとも 

 世に盗人の種ま尽きまじ

というのがあるが、

まったく

世に悩み苦しみの種は尽きまじ

なのである。