「浮気してるらしい」ということで相手を調べてみたら

「夫が浮気している」とか「浮気しているらしい」

ということで調査を始めてみると

なるほど、どこぞの女と楽しんでいるのを発見する。

そして、その女の住まいや素性を調べていくと

いろいろ見えてくる。

 

たいていは、

知り合い、同僚、飲み友達、遊び仲間だったりするが

時にはまったくそうでない連中というのも出る。

 

出会い系などが代表的なものである。

「出会い系なんてシロウトばかりだろ」と思っていると

そうも言えないような連中がいたりする。

 

そんな女の素性を確かめるため尾行すると、

深夜のファミレス等でメールしながら時間を潰し、

別の男とホテルへ行っていたりする。

 

別れた直後からメールして数時間後には別の男と

会っていたり、近くへ男が向かえに来ていたのもあった。

 

つまりは2人、3人と掛け持ちしている。

なかなか忙しく繁盛している雰囲気である。

 

最初はデリヘルかな?と思ったりするが

今まで見てきた連中とはやり方が違う。

事務所に帰るわけでもなく、次の相手と連絡して

待合せているようである。

もしかしたら、こんなシステムのデリもあるのかもしれん。

不肖が知らないだけかもいしれないが・・・・。

 

こういう相手と浮気している連中をよく見る。

というか、最近遭遇する浮気案件ではこんな連中が多い。

元締めがいるのかと思ったりするが、

どうもそうではなく、個人営業の売春のような感じである。

 

日本人なのかといつも疑って見ているが、

直感的になんとなく違うような気もする。

 

売春が輸出品目で有名などこぞの隣国からでも来たのか?

と思いながら観察するがそんな感じである。

それとも商売上みなが似たような顔つきにでもなるのか?

それはワカランが利用者は多いようである。

 

 

過去にデリヘルの経営者数人から調査依頼を受けたとき

その業界の話しをいろいろ教えてもらったので

知識は少しはあるが、新しい営業形態がどんどん出てくるのである。

 

 

こういう結果を聞いて

 

「あ~良かった、どこかの奥さんじゃなくて」

 

と思ったら大間違いである。

 

 

ソープランドつまり「店舗型性風俗特殊営業」では

性病検査が定期的に行われるところが多い。

(まったくしていないところもあるが)

大手といわれるところでは厳しく管理されている。

 

反対に

デリヘルつまり「無店舗型性風俗特殊営業」では

性病検査はすべて自己管理である。

つまりは病気満載状態で営業しているのもいるわけだ。

出会い系で遊びまくっている連中も似たようなものである。

 

 

梅毒患者が急激に増えたのが、海外からの旅行客が増え

その連中がデリヘル等を利用した結果広まったという話しもある。

 

ということで、シロウトじゃないから

「訴えられる心配がなくて安心」ではなく

病気満載のプロ相手だったりすると

 

病気を自宅へお持ち帰り

 

という結果になるのである。

 

事実、性病をダンナに伝染された依頼人というのも

不肖は何人も遭遇してきたのである。

 

 

こんな

ロシアンルーレット

のようなダンナだったら恐いと思うのだが・・・・。