「今日頼みます」という即日調査の依頼

浮気に限らず、素行や行動、素性の調査で

「今日頼みます」、「明日の朝一番にお願い」という

急な依頼というのが舞い込むことがある。

で、これがなかなか大変な思いをする。

 

というのも、

現場の状況とか現地に詳しくない、

相手の顔や姿などは1~2枚の写真しかない、

どんな行動をするのか予想できない、

どこまで行くのか想像できない、

つまりは行き当たりばったり、といった感じ。

 

事前準備ナシ、さらに事前情報少々では無理がある。

しかも、いきなりの依頼では体制も準備できないので

通常、このような場合は「1人」で行動するしかない。

スリル満点で、根性・体力・持久力

を試されるような状況も多々ある。

 

今のところうちでは

徒歩やバス電車での尾行、定点での張込みばかりだったので

なんとかクリアしてきたが、

これが車で尾行だったりしたら苦労どころか、

見失ったり、事故ったりで大変だったであろう。

 

当日調査の依頼では

見失う可能性について何度も説明して

「それでも良ければ」

ということで引き受けるが、普段以上に緊張する。

 

 

急な調査依頼は「1人」と書いたが中には

「現地でうちの社員と合流してくれ」とか

「うちの人間を手伝いに出します」

という会社もあるので助かることもある。

 

とにかく

「訳知り」の人間がいてくれると大助かりなのである。

 

しかし個人からの依頼、特に浮気関連では

そんなことは望めないので「常時1人」になる。

 

 

調査開始までの残り時間でいくと

会社関連では最短が2時間というのがあった。

「すでに現地で社員が1人見ているので早く行って欲しい」

というものであった。

 

個人ではやはり最短が2時間くらいか。

「私が今、現地で見てます。助けてください」

という内容のものであった。

 

どれも深夜で行先をナビに登録しての発進であった。

現地で書類作成して、料金受取ってという忙しさ。

余りやりたくは無いパターンである。

 

 

みんな焦っていたり、

切羽詰っていたりで大変なのだろうが、

ウォーミングアップなしで参加する側も

別な意味で大変なのである。