浮気が発覚した後の女性の執念

あっちの女、こっちの女と

あちこちで女性を食い物にして遊んでいるオッサン。

そんなオッサンの浮気が発覚した時

女性は怒りが爆発するのが常である。

 

それは妻(配偶者)であろうと

恋人、不倫関係にあろうと大した違いはない。

 

妻であれば「今後の生活」がかかっているので必死である。

恋人や不倫関係でも

「さんざん遊びやがって」とか

「一緒になろうなんて騙しやがって」

といった気持ちが爆発する。

 

多くの場合というか最近ではというか

浮気している男性が言う言葉で

●将来一緒に暮らそう

●結婚しよう

●オレの子供が欲しい

等といった、「将来」に希望を持たせるような

言い方をするのがいる。

その文句は結婚サギに近いような言い回しである。

 

まったく、相手に「勘違い」

させるような言い方は詐欺の領域であろう。

 

 

「遊びだよ」で

付いてくるのがいないから、

そういっていると相手にしてもらえないから、

一時はそう思ったから、

ついつい言ってしまうのかもしれないが。

 

なんでそんな事が判るのか?

それは、不倫関係にある女性からの依頼が多いから

彼女らに何と言っていたか聞けるのである。

 

 

中には

「未婚女性専門」もいるし、

「人妻専門」もいる。

誰でもOKというのは今までいない。

 

未婚専門は遊んで捨てることが多いが、

人妻専門は時に2人で失踪することもあって

やっかいな連中だったりする。

しかし

未婚専門でも中には子供を産ませて認知していたり、

別家庭を持って生活していた豪傑もいた。

 

どちらにせよロクな連中ではないのは確かである。

 

未婚やバツイチ独身の女性はカモにされて

捨てられた時、妻の立場と同じくらいか

若しくはそれ以上の怒りを見せ、

執念深く相手を追い詰めることがあるので恐いものである。

探偵の立場からすると

依頼人になっても、敵になっても大変なものである。

 

捨てた男を追い詰める浮気相手もいれば、

浮気をしたダンナと相手の女を追い詰める妻もいる。

 

どちらにせよ、

原因を作って、問題を大きくしているのは

男なのである。

最終的には「報い」を受けるしかない。