相手の名前は?住所は?

浮気していて

相手の配偶者(正妻)に身元がバレそうになって

逃げたり隠れたりする連中は多い。

弁護士を入れて自分は安全圏に逃げるのもいるし、

ガン無視を決め込むのもいる。

それでも交際は続くので

正妻としては制裁を加えたいとなるのは当然であろう。

 

探偵の元にやってくる依頼では

相手の住所氏名等を明らかにしたい、

という要望が多い。

もちろん、

浮気しているのかどうかとか、

不正をしているのかどうかとかといった

行動の調査もあるが多くの場合

その先、つまり「彼らの素性は?」ということで

住所氏名を調べることが一連の流れとなる。

 

弁護士、警察に相談しても

「相手の住所氏名は?」と聞かれることが多く、

「探偵に調べてもらって」と言われる人も多い。

 

裁判するにしても

「相手の住所氏名」を知らないと訴えも起せない。

つまり相手の住所氏名というものは最低限必要なのである。

 

住所氏名を調べる、つまり相手の素性を調べる

ということは何も浮気に関連した問題だけではない。

自分の交際相手、家族親族の交際相手、

取引先の素性、社員の過去についてだってある。

 

住所=現在の住まいとすれば

家出した家族の現在の居所を調べるという要望もある。

氏名=偽名とすれば

風俗業界に身を隠す親族の行方調査という要望もある。

 

最近では装着率の高いドライブレコーダーの画像から

相手を割出す要望もある。

 

以前にも書いたように

出会い系で会った相手と結婚したいが住所氏名が判らない、

交際相手が過去を話さないので恐い、

結婚したい相手がいるがお金を無心してくるので心配、

交際相手には別家庭があるようで恐い、

といった自身の将来にも影響するような事柄での調査依頼も

年を追うごとに増えている。

 

ネットで匿名が普通になっているので

リアルの現場でも匿名や偽名が横行している。

そういうのは後々やっかいな問題を引き起こすので

早いうちに何とかしなかればならない。

 

不肖の事務所も今まで

非通知OK、公衆電話Okで電話を受けていたが

変なのばかりになったので

だいぶ以前から受けないことにしている。

 

匿名性を担保しているような場所では

アコギな連中が跋扈することが多いのである。

 

触らぬ神に祟りなし

 

である。

それでも相手にしてしまった、

関わってしまった場合は

素性を調べるしかなかろう。