サイコパス的な人に関わってはイカン

世の中、

トンデモナイ事件があちこちで起きているが

探偵の周りでも毎度の如く

トンデモナイ事件が起きている。

聞いていて

ウンザリするようなもの、

唖然とするようなもの、

バカらしい内容のもののオンパレードである。

 

事件というか事案はそれぞれ別物であるが、

要は、頭のオカシイ連中の行動である。

 

話しを聞けば、

「普通の人がそんなことするか??」

というものばかりで、

どう考えても「普通の頭の持ち主」とは言えない

そんな行動や結果ばかりである。

 

そりゃ、依頼人の職業的に

「普通」の人とはかけ離れた

そんな事案を受けることもあるが、

それはそれなりに「そういう業界」なので

それが普通なのであろうが・・・・・。

 

それにしても、

何年もこの仕事をしてきて

「以前はこんな人はめったにいなかったゾ」

というような人が増えている。

 

そういう人たちは何事も度を越している。

浮気にしても

相手が5人以上とか

会社を抜け出して午前午後で違う相手と会うとか、

別宅があるとか、

他所の奥さんを自分の掌中に納めるとか、

他所の奥さんと失踪するとか、

他所に子供がいるとか・・・・・・・。

 

 

詐欺にしても

結婚サギから婚活サギ、出会い系サギ、

会社設立、福祉法人設立のサギなど等・・・・・。

騙される金額も数千万円単位だったりする。

 

これらの合わせ技で、

浮気で2人で失踪して「サギ行脚」なんていうものあった。

 

もはやこういった人たちには

「世間一般」の常識というものが無い。

自分が世界のルールを作る立場、

自分の決まりが世界の決まり、

周囲の人々はすべて自分の「従者」であり「奴隷」、

自分に楯突くものは許さない、

自分がしたいことをする、

自分に楯突く者が悪であり、楯突くことが犯罪。

と、本当にそう思っているのである。

 

そんな連中を「改心」させることなぞ

絶対にできんだろ・・・・。

そんな連中が今後「法律を守る」なぞ

できる訳なかろう・・・・・。

 

 

そういうサイコパス的な人が多くて

辟易している探偵である。