浮気も恐いが「妊テロ」、妊娠テロはもっと恐い

世に「デキ婚」つまり「できちゃった結婚」というのがある。

結婚前に妊娠が発覚したものである。

統計によると

1980年代には全体の10%、2004年には20%余りと

20年間で倍増しているそうである。

デキ婚でもなんでも、それで末永く幸せに生活できるなら問題ないが

世の中にはいろいろ悪事を考え実行するのもいるので

男性側やその両親は一考の余地がある。

 

10年否、20年余り前から使われているらしい言葉で

「妊テロ」、「妊娠テロ」

というものがある。

既成事実を作って結婚を迫るもので、状況はデキ婚と似ている。

 

妊娠して相手が逃げられないように網を掛け、

時として相手に寄生するケースもあるらしい。

つまり

「狙った」男性に妊娠させ、一生面倒をみさせよう

そういう魂胆のものである。

以前は金持ちを狙ったものが多かったらしいが

このところそのハードルもだんだん下がってきたようである。

 

まぁ、男も「妊娠した」と言われれば逃げようがないから

結婚するのも多いだろうし、慰謝料払うのもいるだろうし、

ず~っと養育費を払うのもいるだろう。

 

 

中には「たいしたタマ」と言えるような女性もいる。

元カレの子を妊娠したが、別れてしまったので

大急ぎで次の相手を探し出し、その男に妊娠させられた

とストーリーを作るのもいる。

 

「妊娠した」と騒ぎ、入籍を大急ぎで済まそうとする、

そんな女性やその家族もいるのである。

もはや家族一同グルになった「美人局」サギである。

で、そういうのに限って

1~2年で「性格の不一致」や「虐待などのDV」を訴えて

離婚に持ちこもうとする。

 

離婚すれば慰謝料が取れたり、子供の養育費が取れたり

とりあえず今後10数年の収入が確定できる。

 

 

「デキ婚」もアリであろうが、

入籍をやたら急がせる相手はそこに「何か」ある。

流れに任せてすべて「ハイハイ」で済ませては

トンデモナイ結末が待っているのである。

 

デキ婚になりそうなら入籍する前に、

相手の素性くらいは最低でも知っておくべきであろう。

何度も結婚離婚をしている場合もあれば、

その両親が同じように何度も結婚離婚をしていて

いったい「誰の子」だか判らないケースも現実に起きている。

 

うちに来る依頼や相談でも

「最初からオカシイと思った」とか

「先方の両親が怪しかった」などという言葉を

毎回聞かされる。

それだけ不審に思ったら調べるべきであったろう。

家族の反対があったとしても、みんなにバレなければいいのである。

問題がなければ自分一人の胸に仕舞いこめば済むことだ。

 

さらに言えば、

初婚者はターゲットとして利用されやすいが

既婚者、つまり浮気や不倫などでもこの手のテロ行為は

使われやすいというのが恐ろしい点である。

まるっきり、美人局、ハニートラップである。