害虫か「人モドキ」か。どちらにしてもロクなものではない

消息不明の人物を探してあちこち出没し、

行方不明のペットの捜索の手伝いで呼ばれ、

上司が不倫相手と部署を私物化していることを

上層部に訴えるための工作を手伝ったりと

いろいろと動き回っていた「探偵」である。

 

探偵というよりも

探偵の便利屋といってもおかしくない。

まぁ、それでも声が掛かるのはありがたいことである。

 

そんな日々の中でも「頭のオカシな連中」について

いろいろと話しはやってきていた。

結局のところそんな輩は

●自分の都合のいいように言いふらし

●相手の気持ちを逆撫でするようなことをし

●ヒマがあればこちらを攻撃して

こちらが疲弊し倒れていくのを無常の喜びに感じているのである。

 

毎度言うように

 

関わるな、逃げろ

 

原則はそうだが、生活を共にしていると

そうそう簡単にはできないので難しい。

 

別れたとしても、慰謝料を払わないなどの

金銭面での追い討ち攻撃があるのでさらにイラついてくる。

その上、

周囲の人へは相変わらず「大ウソ」を言いふらすので

どうしようもない。

 

まったく

 

バカにつける薬はない

 

バカは死ななきゃ治らない

 

そういう見本のような連中のオンパレードである。

 

同じ地域、というよりも同じ地球上にいること自体が

罪な生物といっても過言ではなかろう。

 

こう「人モドキ」のような連中は

外面が良いので浮気もどんどん進行する。

浮気ばかりでなく

サギ、脅迫なども警察沙汰にならないように

仕掛けてくるので周囲の人、関わった人がエライ迷惑を被る。

まったく害虫のような輩である。